M&A情報

整骨院経営をするあなたの悩みを「事業売却(M&A)」が解決してくれるとしたら?

整骨院経営の悩みは事業売却(M&A)で解決できる

整骨院を経営している方には、1店舗だけの方もいれば、複数店舗を経営されている方など様々でしょう。

また、経営状態は順調でしょうか?

これは順調の方もいるでしょうしそうでない方もいると思います。

さらに、数字的には順調でも、社員との関係や、人材雇用の悩み、高速時間が長いことへのストレス、経営がうまくいっているから出る悩みを抱えている経営者も少なくはないでしょう。

そんな様々な経営状態がある中で

事業をそのまま別会社にし運営を譲渡してしまうということ

を検討されたことはありますか?

つまり、

整骨院店舗を事業売却(M&A)するという考え方をもったっことがあるか

ということです。

経営が数字上うまくいっていても、その他の悩みで疲れてしまっている経営者も少なくはありません。

生活のために仕方なくやっているという経営者も実際にはいます。

経営の数字上うまく行っていて、何らかの悩みを解決し新たな出発をするということを考えた時に「事業売却(M&A)」は、大きな意味を持つものとなります。

事業売却(M&A)は全ての悩みを解消し、さらには自分の思い描く形に業態を変更していくのに十分な現金が入ってくるというメリットがあります。

さらに従業員の雇用は守られ、リストラする必要もなく、自分は新たに別業態に力を注ぐための時間を得ることができます。

同じ整骨院を新たにするもよし、自費の治療院をするもよし、リラクセーション店をするもよし、エステをするもよし、ある程度のことはできるようになります。

大手企業の間では、頻繁に事業売却(M&A)が行われているイメージがあるものの、中小企業や、整骨院業界では行われていないイメージがあると思います。

しかし、これはあくまでメディアで取り上げられるかどうかの違いがあるだけで、気づいている先生方は次々に整骨院店舗の事業売却(M&A)を成功させています。

ただ大半の方が気づいていないだけで、整骨院店舗を経営したいと考える企業はたくさんあります。

業界的にも常に流行り廃りがあり、業界のタイミングがあります。

現在の整骨院業界は、「医療費・療養費の削減」、「整骨院店舗数の激増」などにより、業界再編が進んでいる時期です。

また、不正請求の問題などが次々と明るみになり、規制強化される日は近くなっていることは、間違いありません。

そんな時期には、事業売却(M&A)は主流の経営手法として行われます。

整骨院業界の事業売却(M&A)の流れはとまらない?!

整骨院店舗における事業売却(M&A)は頻繁に行われていることです。

しかし、数十店舗規模のものが多く、馴染みがないのでしょう。

今後は整骨院は居抜き売却ではなく、大手へ事業売却をしていく時代に変わってきます。

整骨院の雇用制度などの実際を考えていくと現在の構図には無理があります。

それらを解消する為にも、資金力のある企業に経営を委ねるという方向性は加速してきます。

保険治療から自費治療のメニューに業界が変わっていくことも「柔道整復師」の本質を考えれば、当然の流れだと言えます。

しかし、その変化のために、現状をベースとした整骨院から移行していくという考え方は適切ではありません。

一度、保険治療の整骨院は事業売却した上で、自分自身の思い描く、完全自費治療型の治療院を開業するというのが最も適切な方法です。

それなりの売上を健全に行っている整骨院であれば1.000~3.000万円/店舗ぐらいのキャッシュと無限の可能性が得られます。

整骨院のM&Aについて詳しく知りたい方は弊社LINEアカウントまでご連絡ください。

M&A情報の関連記事

Contents Menu

整骨院店舗の事業売却(M&A)が柔道整復師の未来を救う
整骨院店舗を事業売却(M&A)すると高値で売れるの知っていますか?
整骨院経営をやりたいようにできないなら粗利1億円ぐらい稼ぎませんか?
整骨院店舗は事業売却(M&A)がおススメ ~居抜きは二束三文にしかなりません~
あなたは本当にまだ整骨院を続けていたいですか? ~店舗事業売却という考え方~
整骨院店舗の事業売却(M&A) ~あなたの整骨院はいくらで売れるか知っていますか?~

最新記事のチェックにフォローしよう