M&A情報

整骨院オーナーさんは必見の情報です。 ~整骨院経営の最も効率的な経営方法~

整骨院の理想的な経営は変わってきている

整骨院の多店舗展開をしている先生はたくさんいらっしゃると思います。

しかし、すべての店舗を黒字化するということは非常に大変です。

一番黒字化をするための簡単な方法は、オーナー自らが現場に立つことでしょう。

しかし、常にほかの院には誰かに任せなければいけません。

まして、複数店舗となると、目が行き届かなくなってくるので、経営者のパワーもなかなか通りにくくなってきてしまいます。

整骨院業界では、たくさんのベッドがある整骨院で、たくさんの患者様を施術し、たくさんの店舗を持つことが一昔前のステータスでした。

しかし、今やコンビニ以上の店舗数にまでなった整骨院業界では、上記のような経営法は効率的とは言えなくなってきたのではないでしょうか。

実際に多店舗展開をされている方であれば、この考え方は理解できると思います。

そんな時の対処法は限られています。

だいたいの整骨院では、赤字店舗を売却、もしくは閉院してしまうことを考えられると思います。

しかし、実はもっといい方法というのが存在しています。

それは、

整骨院店舗を事業売却(M&A)する

という方法です。

整骨院店舗を事業売却するために必要なこと

損益分岐点だけを突破していれば、売却することが一番費用がかからずにメリットを出すことができます。

その際の最低条件は、黒字店舗かつ、従業員のみで営業ができる店舗ということがあげられます。

事業売却によって生まれた利益を使って、ほかの事業展開等を考えることもできますし、既存店舗の人材の投入なども可能になってきます。

キャッシュを得ることが可能、売却益の再投資によって赤字店舗のテコ入れが可能となり、結果的に増収が見込める、といったメリットを生み出すことができます。

そして何より、精神的な安定を得ることができます。

複数店舗の整骨院を持つと気づくことがあるはずです。

「自分が思っていたような院ではなかった」、「こんなはずではなかった」というような院が必ず増えてきます。

そんな時には、「事業売却」という選択を、否定的に捉えるのではなく、肯定的なイメージを持って取り組むことが重要です。

様々な事業を手がける経営者はM&Aなど日常茶飯事です。

M&Aをうまく活用し、会社を大きくしていく経営者もたくさんいます。

中々、整骨院業界にはなじみのない手法かもしれませんが、実は整骨院の店舗を求めている業界はたくさん存在しています。

M&A情報の関連記事

Contents Menu

整骨院店舗の事業売却(M&A) ~あなたの整骨院はいくらで売れるか知っていますか?~
整骨院を事業売却(M&A)したいのにできない人の特徴
整骨院店舗を売却(M&A)するメリットについて
自費治療型の整骨院だけが選択肢ではありません。 ~整骨院店舗を事業売却するという考え方~
整骨院店舗を事業売却(M&A)する時に注意すること
整骨院店舗を事業売却する時に欠かせないこと

最新記事のチェックにフォローしよう