M&A情報

「売却」と「事業売却」の違いは分かりますか? ~事業売却という考え方のススメ~

売却と事業売却は違います

「売却」と「事業売却」はまったく違います。

この違いは経営的にうまくいっていない整骨院よりも、ある程度利益がでている整骨院のオーナーの方に知っておいて欲しい考え方です。

単純に整骨院の内装を含む機材、その他消耗品関係を譲渡してしまうことは、皆さんが頭に描いている「売却」だと思います。

しかし、私がお勧めしているのは「事業売却」いわゆる「事業譲渡」のことです。

法人格全ての売却も一つの手だと思いますが、整骨院規模の事業だと、今ある事業のうちの整骨院の幾つかを売却してしまうことの方がメリットが出やすいです。

売却は「居抜き物件」として次の店舗を借りる方に引き継がれます。

物件の賃貸借契約は、大家さんや不動産屋さんによっても異なりますが、解約して再契約することが通例です。

しかし、事業売却、つまり事業譲渡となると、賃貸借契約は、覚え書き一枚で事業の新オーナーに引き継がれることが多くあります。

こちらも、大家さん不動産屋さんによっても方法は異なるのですが、よほど悪徳な不動産業者ではなければ、覚え書きと、合意書で移行が可能になります。

賃貸契約を初めとして、事業売却するにはどんな手順でどんな方法で行えばいいのか、個人と法人では違うのか、など様々な分かりにくい要素が存在しているのは確かです。

そういったことを踏まえた上で、安心して事業を売却できるような方法を考えなくてはなりません。

幸い、私は単なるコンサルティングではなく、整骨院や鍼灸院、エステの事業譲渡も、居抜きでの売却も経験したので細かな詳しい内容はが気になる方は弊社LINEアカウントまでご連絡ください。

売却と、事業売却では利益は月とスッポンですので、できれば事業売却することを検討された方がいいと思います。

あなたの整骨院を買いたいという企業さんは間違いなくあなたの会社規模よりも大きなところが購入しますので、従業員の雇用形態も、よくなる可能性が高くなります。

あなたは様々な気苦労がなくなり、従業員の雇用も守られる上、もしかすると給与も上がるかもしれないとなると、これは事業を売却する方がメリットが大きいと思います。

事業売却した資金を使って新しい整骨院を開業してもいいですし、新たな業界へと進出するのも一つの考え方でしょう。

とにかく今のまま、毎日毎日を作業ばかりで過ごす日にはおさらばしましょう。

M&A情報の関連記事

Contents Menu

事業売却(M&A)対象の黒字の整骨院が16院売りにでています。
経営している整骨院を事業売却(M&A)した時の金額算出方法
整骨院の事業売却(M&A)で経営的なメリットを出すリミットは1年
赤字の整骨院店舗ほど事業売却(M&A)を考えよう ~「居抜き」で売るなら「事業売却(M&A)」~
整骨院経営の日常に変化をつけたいと思っていませんか? ~整骨院店舗事業売却のススメ~
整骨院の事業売却(M&A)で一番大切にしなければならないこと

最新記事のチェックにフォローしよう