運営・経営

整骨院を開業する前に知っておくべき成功法則

整骨院を開業する前に知っておくべき成功法則

整骨院を開業し成功させるために必要なことは二つだけです。

それは

7割の勢いと残り3割のリスクマネジメント

です。

リスクマネジメントも重要ですが、勢いがなければ開業することはできません。

また勢いがあれば多少の失敗は乗り越えることができます。

はたまた勢いがなければ乗り越えられない面も多々あります。

基本は勢いが大切だと思っておきましょう。

では、リスクマネジメントの部分で大切なことは「お金の流れ」を知っておくことです。

そのための大まかな基本を確実にしっておきましょう。

お金の流れを知る上で重要な5つのことがあります。

その5つとは

・売上
・経費
・利益
・税金
・(借り入れがあれば)返済額

です。

売上や経費、利益のことは皆さんが大好き(?)なので数字をおっかけていると思います。

返済額も毎月発生することなので考えていると思います。

しかし、税金のことはサラリーマンや学生をやってきた人はほとんど学ぶことがないため知りません。

つまり、

整骨院経営の成功の可否は「税金」が握っている

と言っても過言ではありません。

整骨院経営をつぶしてしまうのも「税金」であり、存続し続けている整骨院は決まって「税金」をしっかり納めています。

そのため、

整骨院の成功法則は「税金」を学ぶこと

と言えます。

「税金」のポイントは、

利益の半分を税金としてストックすること

です。

株式会社化した人は、税理士に頼んで税金分をストックするように指示し、個人事業主であれば税金用の預金口座を作って必ず税金をストックするようにしましょう。

事業を続けるためには税金の支払いが必要です。

税金を支払っているから事業を続けられていると言い換えることもできます。

そのため、開業前には必ず「税金」について勉強し、自分が使用できるお金を算出し、余計な経費をかけず無駄遣いを辞めましょう。

始める前の人には信じられないかもしれませんが、税金をしっかり支払えば事業を継続させられます。

整骨院を開業し成功させるためには「勢い」と「お金の流れを把握すること」が必要不可欠です。

開業後の方であっても遅くはないので、この2つに意識を置いて経営してみてください。

具体的にあなたの状況に合わせてアドバイスが欲しい方は弊社までお問合せ下さい。

弊社のコンサルタントである大竹一彰は、柔道整復師の国家資格取得後3か月で整骨院を開業し、わずか2年で単店舗当たりの売上全国1%以内、1日平均来院数100人前後(施術者2名)にまで育て上げ3店舗の運営を行った後、事業売却(M&A)を行い現在の整骨院専門のコンサルタントとして活躍しています。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

開業前の方は都合の良い場所を調整し、面談をする形をとります。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

運営・経営の関連記事

Contents Menu

これからの整骨院店舗を経営していくために必要な考え方
整骨院経営の事業売却(M&A)は終わりではなく始まり
1店舗当たり月商600万で自費治療が7割の整骨院グループ
整骨院経営の最大の鬼門である「雇用問題」から逃げないようにしましょう。
不正をしなければ経営が続けられない整骨院の実情
整骨院を居抜きで売却しても二束三文にしかなりません

最新記事のチェックにフォローしよう