運営・経営

整骨院事業は転換期に差し掛かっているのに気づいていますか?

整骨院事業は転換期に差し掛かっているのに気づいていますか?

整骨院事業は、転換期に来ています。

そのため、今すぐに変化を加えなければ結果が出なくなる整骨院が急増していく時代へと差し掛かっているということです。

というよりも既にそんな時代が訪れていることは、現在経営している整骨院経営者の方々が一番感じていることでしょう。

これからの時代は、

スケールメリットを出せる整骨院グループか一人で施術している治療院

でなければ生き残れなくなります。

転換期に差し掛かっている理由は様々ですが、最も大きいのは整骨院事業の基盤である保険制度自体が急変していることにあります。

大多数の一般人の印象は、

怪我に関しては整形外科に行き、慢性的な肩こり等はリラクセーションなどで治らなくても気持ちいいからそれでいい

というものです。

そしてその傾向は今後も留まることはありません。

スケールメリットが出せるような一大整骨院グループは、今から作ろうと思っても大半の人にはどうすることもできない状況にあると思います。

また、本来の柔道整復師の在り方を考えれば、大企業を創り上げることが目的ではない人が多いのではないでしょうか。

つまり、

柔道整復師としてあり続けるためには一人で施術できるような治療院

を目指していかなければならないことになります。

>次のページ:柔道整復師が高利益で低コストの治療院を創るために必要なこと

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院の治療にリコールはなんて存在しない
整骨院の経営は慰安か治療か目的はどちらか
整骨院経営の理想と現実
整骨院の不正で稼ぎ続けても先はありません。 ~不正をベースにした整骨院経営の脱出方法~
整骨院店舗を事業売却したいが人材不足でお困りの方はいませんか?
整骨院を経営していくためのグレーゾーンの歩き方

最新記事のチェックにフォローしよう