運営・経営

あなたは整骨院経営を40年間続けられますか?

整骨院経営は40年間続けられるか

整骨院を経営している人にお伺いしたいことがあります。

それは、

今の整骨院経営をこれから40年間やっていきたいですか?

ということです。

「はい」と答えられる先生は素晴らしいと思います。

「人を治療すること」、「人に触れ人の不調が良くなったこと」に喜びを感じ続けることができる方々なのでしょう。

ぜひ頑張って頂きたいことです。

とはいえ、「いいえ」と答えた人が患者のことを思っていないということでありません。

人間は「慣れる」動物なので、同じ仕事を繰り返し行うことにたいして「慣れ」が発生し、「飽き」こにつながってしまいます。

飽きてしまった場合には、継続するような方法を考えないと簡単にはいきません。

定期的にその「飽き」を解消するような患者が来るようにするか、「イベント」を行うなどの変化が必要でしょう。

「モチベーション」の低下により、様々な効率が低下していきます。

人を施術する喜びは薄れ、毎日の売上に追われ、自己研鑽の時間を惜しむようになってしまいます。

しかし、生活に困るわけではないため、惰性で続けても大きな問題なく継続できるよな気がします。

しかし、そんな人生はどうなのでしょう。

生き生きとしているのでしょうか。

私には疑問です。

さらに言えば必ずジリ貧状態へと突き進んでいってしまうでしょう。

>次のページ:整骨院を事業売却(M&A)してリスクを回避

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院の売却は専門家以前に経験者にせよ。
整骨院経営は失敗を前提に考える
整骨院経営が迎えた最も困難な時代は今
今、利益が出ている整骨院を事業売却(M&A)するのは何故か?
整骨院経営者が一番考えなければいけないことは「集客」ではなく「税金」
整骨院を開業するなら~完全自費治療型の整骨院ほど楽なものはない

最新記事のチェックにフォローしよう