運営・経営

整骨院の経営に不正が与える悪影響

整骨院経営者が忘れてしまっている不正による悪影響

整骨院業界に、従業員、または経営者として関わりを持ったとき整骨院業界に驚愕・落胆した出来事があるはずです。

先日、ある整骨院の従業員と会話していた時にこんなことを私に耳打ちしてきました。

それは、

〇〇整骨院には「名前だけ書きに来る患者が来る」、「来ていない人のレセプト用紙がある」

という内容でした。

それに対して多くの整骨院経営者からは、

「1日の売り上げがこんなに少ないものなのか・・・」、「不正をしなければ経営できない・・・」

といった声を良く聞きます。

このようなことが日常茶飯事というか当たり前のように行われてしまっているのが整骨院業界です。

整骨院業界の保険内の治療は、窓口負担分以外は、国民から徴収している健康保険料が財源になっています。

しかし、この財源は、健全経営されている整骨院に適切に分配され、患者の症状改善に貢献できる整骨院に分配されるために存在しているものです。

不正が横行する結果、国からは整骨院業界全体のイメージが悪くなってしまっているのは確かでしょう。

しかし、この際、不正が必要悪なのかといった議論は置いておいて、単純にマイナスに働いていることに気づいていない経営者が多いことに驚いています。

それは、

整骨院で働く「従業員」や、「経営者」の精神衛生上良くない

ということです。

>次のページ:不正が社会的によくないのは当然のこと

運営・経営の関連記事

Contents Menu

本気で整骨院経営を続けたければ足し算と引き算を理解せよ
整骨院店舗を開業するなら地域一番店でなければ意味がない
整骨院店舗を売却する時のキモ
整骨院経営は失敗を前提に考える
整骨院の経営難から回復するために必要なこと
整骨院を開業するのはゴールではなくスタート

最新記事のチェックにフォローしよう