運営・経営

整骨院経営がただの肉体労働になっていませんか?

大半の整骨院経営はただの肉体労働

現在の整骨院業界には、「芋洗い整骨院」が大量に溢れています。

では「芋洗い整骨院」とは何でしょうか。

それは整骨院を経営している方であれば、誰もが知っていることです。

仮に知らないのであれば、自分の整骨院の状況を見返してみてください。

「芋洗い整骨院」とは、

短時間で患者の施術を終わらせ、次から次へと施術する、患者をぐるぐる回すだけの整骨院のこと

です。

どうでしょうか?

経験したことはないでしょうか?

そんな「芋洗い整骨院」が整骨院業界には溢れかえっています。

しかし、ここで一つ考えて頂きたいことがあります。

それは、

あなたは「芋洗い整骨院」を経営したくて開業したのか

ということです。

芋洗い整骨院を続けるということは、単に肉体労働をしていることと同じです。

本来は、患者の気持ちを親身になって聞いた上で、その患者に合った治療を施し、何らかの悩みを改善するために整骨院を開業したはずです。

そんな思いがいつしか、整骨院を「経営」してしまうことで、患者を次から次へと芋を洗うかのような整骨院を創り上げてしまい、数字を追うばかりに抜け出せなくなっている現実が広がっています。

そんな状況でさえ経営が成り立っていた時代もあるものの、ここ最近の患者1人あたりの単価が低下がり、整骨院業界が乱立した中ではジリ貧が続いているのではないでしょうか。

一度このサイクルに入ってしまうと、単価を上げようとしても上がりません。

自費治療を取り入れて、単価を上げようという動きが主にとられる策かとは思いますが、中々うまくいった例を現実では聞きません。(『整骨院の自費治療が失敗に終わっていく理由はシンプル』)

こうなってしまったら方向修正が大変です。

どこに向かってもリスクしか見えず、整骨院業界で遭難状態になってしまいます。

>次のページ:芋洗い整骨院を卒業する方法

運営・経営の関連記事

Contents Menu

これからの整骨院経営は新時代に突入します。
不正をしなければ経営が続けられない整骨院の実情
整骨院の不正で稼ぎ続けても先はありません。 ~不正をベースにした整骨院経営の脱出方法~
これからの整骨院経営は小さく始めて高く売る
整骨院経営者が考えるべきリスクヘッジの方法とは
整骨院で働く柔道整復師の気持ちが分からなくて悩んでいる経営者へ

最新記事のチェックにフォローしよう