運営・経営

整骨院を経営していて独自技術を開発したら事業売却(M&A)

整骨院経営で独自ノウハウを確立した人は事業売却してるって知ってた?

整骨院を実際に経営していながらも特殊な治療方法などを確立できる人が稀にいます。

そんな技術を確立した人の大半の方は整骨院事業を「事業売却(M&A)」しています。

それは、

通常の整骨院を経営しているよりも、世の中で痛みなどに苦しんでいる人たちを救うことができる方法である

と気づくからです。

さらに言えば、

経営的側面から見ても事業売却(M&A)をすることは利点が大きい

ためです。

通常の整骨院経営の形を考えると、

一人の患者に対して一人の施術者が直接触れないと成り立たない職業

です。

これはある意味、目の前の人しか変えられないことを制約された職業だということです。

しかし、整骨院を事業売却し、「オリジナルノウハウ」をパッケージ化し販売していくことで、たくさんの技術をもった施術者を生み出し、数多くの患者を救うことができます。

また、店舗展開している先生方のストレスの解消や、「目的」、「夢」の実現を加速してあげることもできます。

このように、あらゆる面から考えれば、

現在の治療がオリジナリティーある治療法であるならば、それはパッケージング化するためにべき

です。

また、今は治療にオリジナリティーはないけれど、患者は比較的多く来る方だという「柔道整復師」であれば、施術ノウハウを商品化するべきです。

そしてその第一歩を踏み出すために事業売却(M&A)をすべきです。

すると適度に現場に立ちながらも多くの優秀な施術者を生み出していくことができます。

整骨院の先生方はいわゆる職人と呼んでも過言ではありません。

「己の手」で患者に施術を施し、症状を改善していくトップレベルの国家資格者です。

自分の技術に確かに自信がある人は、ぜひ事業売却(M&A)し、新たなステージへと進んでいってください。

進み方が分からない場合は、「ノウハウ化」、「パッケージング化」、「店舗の事業売却」、「販売」までの一連の流れを「整骨院経営.com」にお任せください。

もちろん、今から独自技術を開発していきたいという方も弊社までご相談ください。

弊社のコンサルタントである大竹一彰は、柔道整復師の国家資格取得後3か月で整骨院を開業し、わずか2年で単店舗当たりの売上全国1%以内にまで育て上げ3店舗の運営をった後、事業売却(M&A)を行い現在の整骨院専門のコンサルタントとして活躍しています。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

開業前の方は都合の良い場所を調整し、面談をする形をとります。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

運営・経営の関連記事

Contents Menu

利益を1億円稼ぐ整骨院店舗とはどのような整骨院なのか
本気で整骨院経営を続けたければ足し算と引き算を理解せよ
これからの整骨院経営には戦略的な攻めが必要
整骨院経営者が一番考えなければいけないことは「集客」ではなく「税金」
一生5分以内施術を続けられますか? ~施術は5分以内でやることが鉄則~
整骨院店舗経営の節税方法を知っていますか? ~小規模企業共済の活用~

最新記事のチェックにフォローしよう