運営・経営

変化のない整骨院生活に飽きていませんか?

変化のない整骨院生活に飽きていませんか?

朝起きて自分の経営している整骨院に向かい、毎日毎日くる患者の施術を代り映えもしないような施術内容で繰り替えし続ける日々に嫌気がさしてきたことはないでしょうか。

そんな毎日でも大きく稼ぐことができるのであれば、次の展開も見えてくるのですが、昨今の整骨院業界を考えると、そんなに楽な整骨院経営者は多くはないようです。

当然ながら、柔道整復師という仕事は誇りあるものだと言うことは理解できますが、その実情を見れば日々の経営に飽きがくるのは当然のことだと思っています。

その感情にまで蓋をしてしまっては、患者を治して自分が病気になるという本末転倒なことになるので感情には素直になってください。

そんなある日、ふと整骨院を手放したいな・・・と思ったことがありませんか?

当然ながら、理由は様々あると思います。

例えば、

・もう仕事を引退したい
・他業種に専念したい
・もうあきた
・赤字だから
・うまくいかないから
・業界に未来がないから

などが挙げられるでしょう。

整骨院を事業売却(M&A)すれば夢への第一歩が開かれる

そんな方には最適の方法があります。

それは、

完全黒字化安定をした上で売却する

という方法です。

簡単に言えば「事業売却(M&A)」というものです(『「居抜き」での売却と「事業売却(M&A)」の違いをおさらいしましょう。』)。

高齢の先生であれば、その売れた金額を年金のように使っていけばいいと思います。

若い馬力のある先生であれば、他業種を立ち上げて経営していくという道もあります。

さらに言えば、「整骨院経営」が嫌いだとして治療家の道が嫌いではない人がたくさんいると思います。

そんな方には完全自費型の治療院開業という挑戦をして欲しいと思います。

我々は手に職を持っています。

もう資格の時代は終わったと言われますが、まだまだ資格に弱い方々がいる以上、資格は見た目以上にいいものです。

それに加えて技術を習得すれば誰にも真似ができないのであなたの価値は上がります。

つまり、あなた自身のブランディングです。

あなた自身のブランディングができれば、技術としてのブランディングを行い独自技術を使った治療院をつくりましょう。

そのための開業費と軌道に乗るまでの蓄えは、整骨院店舗を事業売却(M&A)することでキャッシュで得ることができます。

あなたは整骨院を一度経営してみた今、どのようなことを実現したいと思っていますか?

恐らくその夢を叶える最大の強力な第一歩は「事業売却(M&A)」です。

ぜひ、そのあなたの夢を聞かせてください。

その道に向けた最高のスタートダッシュをきる方法をご提案することができるでしょう。

弊社のコンサルタントである大竹一彰は、柔道整復師の国家資格取得後3か月で整骨院を開業し、わずか2年で単店舗当たりの売上全国1%以内にまで育て上げ3店舗の運営をった後、事業売却(M&A)を行い現在の整骨院専門のコンサルタントとして活躍しています。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

開業前の方は都合の良い場所を調整し、面談をする形をとります。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院の経営を辞めて5年間で資産20億円を創った男の話
整骨院経営の不正に対する改正案がでました。
あなたは「マッサージャー」になりたくて整骨院で働いているのですか? ~脱マッサージャー宣言~
整骨院店舗を開業して独立する前に考えるべきこと
整骨院経営の売上は半年もあれば伸ばせるもの
整骨院店舗経営者に贈る~季節の変わり目に訪れる減患への対処法~

最新記事のチェックにフォローしよう