運営・経営

税理士も知らない法人化することによって現金を残し個人資産を形成する節税方法

税理士も知らない法人化することによって現金を残し個人資産を形成する節税方法

今回の記事では整骨院経営者であれば喉から手が出るほど欲しい情報があります。

対象者は個人事業主の形で整骨院を経営している人にとっては、現金を手に入れるのに等しい情報です。

その情報とは、

税理士も知らない法人化することによって現金を残し個人資産を形成する方法

です。

税理士も知らないと記しましたが知っている人もいます。

とはいえ知っている人は税理士の1%にも満たない上、聞かないと教えてくれないでしょう。

では、どのように法人化することによって、会社に現金を残し、さらには経営者自らの個人資産を形成するのでしょうか。

法人化することによるメリットとデメリットを見ていく中で理解することができます。

なぜ、そのような節税方法があるのに、税のプロである税理士が知らないのでしょうか。

それは、税理士だけでなく、士業と呼ばれる人はルーティーンワークが基本だからです。

おおまかな経営者からの質問事項をまとめ、それらに対して用意していた回答をすることが仕事です。

そのため、顧客にあった形で提案をしていくような士業の人はほとんどいません。

その結果、その人だけが知っている・・・といった情報に触れる機会が少なく、整骨院経営.comが持っているようなノウハウを知る機会もありません。

では、そんなことをなぜ、整骨院経営.comなら提案することができるのでしょうか。

それは、

実際に整骨院経営.comのコンサルタントが整骨院を経営し、様々な税理士と打ち合わせを重ねるなかで整骨院に適した形の理想形を追求した経験があるから

です。

実際に自身で経験し、同じく整骨院業界の中で生きてきた経験があり、同業者の方々と打ち合わせをしていると大半の整骨院経営者が気づいていない事実を知っています。

なぜ知れ渡っていないのかは置いておいて、いち早く知る必要がある内容です。

『税理士も知らない法人化することによって現金を残し個人資産を形成する方法』を用いれば、経営者は高級外車を手にいれるのも用意ですし、何かの時に所得補償をつけることも可能で、毎月のキャッシュフローは改善され、借り入れの額も拡大し、役員報酬を下げることでキャッシュを留保することもできます。

とはいえ、このノウハウを全員が知ってしまっては知った人の情報価値が下がってしまうため、先着限定3社の弊社の無料経営相談を受けて頂いた方にのみお伝えしたいと思います。

気になる方はお早めのお問合わせをオススメ致します。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

開業前の方は、打合せ場所を確定の上、面談させて頂きます。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

運営・経営の関連記事

Contents Menu

あなたは「マッサージャー」になりたくて整骨院で働いているのですか? ~脱マッサージャー宣言~
女性の柔道整復師だから開業できる整骨院経営
整骨院店舗の「事業売却(M&A)」は考え方次第で誰でもできる
整骨院経営は今までと同じ経営を続けていれば潰れます。
これからの整骨院経営は設備投資にカネを使うな
整骨院を経営・開業する上で最も大切なこと

最新記事のチェックにフォローしよう