運営・経営

整骨院店舗を売ったり買ったりできるって知ってますか?

整骨院店舗を売ったり買ったりできるって知ってますか?

整骨院を売ったり買ったりすることを整骨院売買といいます!

そのままですね(笑)

しかし、この「整骨院売買」を適切に理解している整骨院経営者の方が少ないように感じます。

それは、

整骨院を売却するとなると「居抜き」で売却するという発想しかないから

です。

整骨院を売却する方法は「居抜き」で売却するだけではありません。

さらに、

赤字で経営が立ち行かなくなったから整骨院を売却するという考え方しかない

という問題もあります。

はっきり言えば、赤字で首が回らなくなってしまった時に「売却」を検討するのでは遅すぎます。

これを「後ろ向きの売却」と定義するなら「攻めの売却」というものが存在します。

つまり、整骨院を「売却」することで、様々な悩みを解決し、さらなる飛躍を遂げるための「売却」方法です。

では、その売却方法とは何でしょうか。

それは、

事業売却(M&A)

という方法です。

名前は知っていても、その実状は知らないという人が多いのではないでしょうか。

また大手企業がやるもので、中小企業には関係のないものとは思っていないでしょうか。

そんなことはありません。

現在、水面下では整骨院の事業売却(M&A)が流行しています。

それは、

今後の流れとして大手企業が整骨院店舗を求めているから

です(『これからの整骨院業界は大手企業が牛耳る時代に ~これからの整骨院業界の渡り方~』)。

つまり、整骨院店舗の売買の市場では、完全に売り手市場になっています。

そのため売却益は大きくなる傾向にあります(『整骨院店舗の事業売却(M&A)は今がチャンスです。』)。

事業売却(M&A)の対象になる整骨院店舗が不足しています。

では、どのような店舗が事業売却(M&A)できるのでしょうか。

それは、

・オーナーが現場を離れていること
・利益がでていること(黒字であること)

の2点だけです(『整骨院を事業売却(M&A)するのはそんなに難しいことではない』)。

意外と簡単な話ではないですか?

仮に現在はオーナー自らが施術者であったとしても、現場を任せることができるスタッフを雇えば解決します。

では、なぜ事業売却(M&A)の対象になる整骨院が不足しているのでしょうか。

それは、

事業売却(M&A)をすることで得られるメリットを知らないから

だけです(『事業売却(M&A)が整骨院業界の未来を創る』)。

事業売却(M&A)をすることで、中小の整骨院経営者が抱えている悩みはほとんど解消することができます。

なぜ、こんなことを言い切ることができるのかというと、私自身が経験しているからです。

東京青山にて整骨院を構え、累計7万人を3年間で施術し、2年目では単店舗の売上において全国の1%に入るまでの整骨院を創りました。

さらに、3店舗の経営を行い、周囲からは成功者のように見られていました。

しかし、内情はやればやるだけ悩みが増えるという状態です。

そんな悩みを一瞬で取り払い、そして新たなる可能性まで見せてくれたのが整骨院店舗の事業売却(M&A)です(『10時から仕事を始めて16時には終わる柔道整復師の生き方』)。

自身で経験したからこそ、本気でおススメすることができています。

これで事業売却(M&A)することに興味が出た人はご相談ください。

具体的な道筋をお伝えします。

自身の悩みが事業売却(M&A)で解決できるのかを知りたい方もご相談ください。

整骨院業界が現在抱えている悩みの大半は解決してしまいます。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

開業前の方は、打合せ場所を確定の上、面談させて頂きます。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

 

運営・経営の関連記事

Contents Menu

上場企業ですら危ない世の中を柔道整復師はどう生き抜く?
整骨院店舗の居抜き売却が期待通りに行かない理由
税理士も知らない法人化することによって現金を残し個人資産を形成する節税方法
整骨院を生きるために経営するのは辞めよう。
整骨院経営という事業を継続的に繁栄させるために最も必要な事
整骨院の経営を続けたければラジオ体操に行け

最新記事のチェックにフォローしよう