運営・経営

整骨院店舗の開業を意味あるものにするために必要なこと

整骨院店舗の開業を意味あるものにするために必要なこと

柔道整復師が整骨院店舗を開業をするにあたって、「メリット」と「デメリット」があります。

とはいえ、せっかく開業するなら「メリット」の方が多い状態で開業したいものです。

またそれは、「デメリット」を減らした状態とも言えます。

できる限りリスクを減らした上で、利益を追及できる状態をつくる必要があります。

また、「患者数」を増やす方法、口コミをしてもらうための方法、万が一の怪我の時には自分の院を選んでもらうための方法などを考え、実行していく必要があります。

すると「メリット」の部分が「デメリット」を凌駕するような整骨院を創り上げることができます。

しかし、大半の「柔道整復師」は開業時に気分で決めてしまっていることが多いのが現状です。

「事業資金」をどこからか調達し、そのお金を使って開業する人が多いでしょう。

その資金を、売上見込から運転資金として活用していかなければなりません。

しかも、その見込が予定通りいかない時にも対応できるだけの資金のストックも必要です。

誰もが驚く施術技術を持っていて、素晴らしい「接客対応」があったとしても立上げ期というのは厳しいものです。

一生懸命に経営することはとても大切なことで、重要度が高いものですが、「経営」する立場になるとがんばるだけではいけません。

整骨院業界の構造を知り、集客できる方法を吟味し、ターゲットをある程度絞り、的確に情報を伝えるような方法を考えなければいけません。

残念ながら、「技術」と「純粋な気持ち」だけでは整骨院の経営は失敗してしまいます。

それだけ整骨院業界が厳しい状態になってきています。

これから整骨院を開業していくのであれば、

前準備をいかに緻密にできるか

がポイントになってきます。

ビジネス的な言葉で言えば「マーケティング」と言われるやつです。

これは開業時だけでなく、現在、整骨院を経営している人にも言えることです。

具体的な方法が分からない方は弊社までご相談ください。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

開業前の方は都合の良い場所を調整し、面談をする形をとります。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

運営・経営の関連記事

Contents Menu

柔道整復師としてのプライドを忘れていませんか?
これから流行る整骨院経営のカタチ
整骨院業界は本当にやりたいことから遠ざかっていく
整骨院店舗の経営者向けコンサルティング【月次】なら整骨院経営.com
療養費委任支払い制度をちゃんと理解していますか?
整骨院店舗の経営が苦しくなったら事業売却(M&A)をして1億円ぐらい稼ぎましょう。

最新記事のチェックにフォローしよう