運営・経営

整骨院経営に不正を持ち込みたくないという人への解決方法

整骨院経営で不正なんてしたくない! ~若手の柔道整復師の心からの叫び~

近年、「柔道整復師」という国家資格取得者の大半は、就職は「整形外科」を選択する傾向にあるようです(『柔道整復師が整骨院勤務よりも整形外科を選ぶ理由』)。

その理由には

・社会的な信用が高い
・勤務時間が短い
・給与が整骨院よりは高い
・不正をしたくない

という理由が大半を占めます。

この項目の中で驚くべきものがありませんか?

私は驚愕でした。

それは、

若手の柔道整復師は不正をしたくないと思っている

ということです。

これがわざわざ上がってくる業界というのは異常ではないでしょうか。

1970世代から現在の世代は、学生の間に様々な整骨院で研修をする傾向があります。

その中で、「業界の矛盾」や「不正の事実」に直面してしまっているようです。

その結果、「国家資格」を取得した後は、「整形外科」への勤務を希望することが増えているようです。

確かに、整骨院は「月給が安く」、「拘束時間は長い」という劣悪な雇用環境にあります。

「週休2日制」でもなければ、「ボーナス」もないという環境です。

そんな環境をあえて選択する必要がない時代になってきたようです。

しかし、それでも整骨院の「開業」を夢見て、整骨院への就職をする「柔道整復師」もまだまだ存在しています。

このような前向きな「柔道整復師」を雇うことができたら「求人」は成功といって良いでしょうね。

開業意思が強いので、いずれは院を離れていってしまうかもしれませんが、快く見送ってあげる気持ちぐらいの方が優秀なスタッフは集まるでしょう。

ただ、そんな優秀なスタッフであれば「不正」の片棒を担ぐ気はありません。

健全に経営してこそ、上記のようなスタッフが雇用できます。

比較的若手の「柔道整復師」は保険治療を行わず、完全自費型の治療院をで勝負する方々も沢山います。

その理由は「不正請求をしたくない」ことが最大の要因で、通常の整骨院を経営してしまうと、「不正請求せざるおえない状況になってしまう」ということも理解しているからの選択です。

今まで不正だらけだったこの業界も、こういった世代の台頭とともに生まれ変わっていきます。

とは言え、若さゆえに奇をてらいすぎた手法を用いてしまい、危うい経営をしてしまっていることも現状に存在しています。

そんな人におススメの方法があります。

それは、

通常の整骨院を開業し、事業売却(M&A)した後に完全自費型の治療院を開業する

という方法です。

この方法のキモは「事業売却(M&A)」で、整骨院業界には馴染みの薄い経営手法かもしれません。

しかし、「整骨院経営.com」が提案する手法を行えば、5年間で粗利総額1億円は生み出すことができます。

それぐらいの資金があれば、開業の借り入れも返済し、治療院を開業するための費用を払っても十分お釣がかえってくるでしょう。

具体的な方法が知りたい方は弊社までご相談ください。

弊社のコンサルタントである大竹一彰は、柔道整復師の国家資格取得後3か月で整骨院を開業し、わずか2年で単店舗当たりの売上全国1%以内、1日平均来院数100人前後(施術者2名)にまで育て上げ3店舗の運営を行った後、事業売却(M&A)を行い複数の事業を立ち上げながら整骨院専門の経営コンサルタントとして活動しています。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

開業前の方は都合の良い場所を調整し、面談をする形をとります。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

>次のページ:整骨院経営の大半の悩みを解決する事業売却(M&A)

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院店舗の事業売却(M&A)は今がチャンスです。
整骨院経営の最大の鬼門である「雇用問題」から逃げないようにしましょう。
これからの整骨院経営は設備投資にカネを使うな
整骨院店舗を自己資金0で開業する方法 ~資金調達できる人の条件~
自費治療型整骨院を開業する方法
整骨院を経営している柔道整復師の大半は技術を無駄使いする

最新記事のチェックにフォローしよう