運営・経営

黒字経営だからこそ事業売却(M&A)するという考え方

整骨院を黒字経営で事業売却(M&A)するという考え方

「黒字経営」と聞くと、なかなか「売却する」という話と結びつきにくいかもしれません。

しかし、これからの整骨院・接骨院・治療院・鍼灸院の業界においては、非常に面白い考え方の一つになってきます。

先日の記事『「居抜き」であることは大したメリットにはならない』でも記した通り、事業が回らなくなった段階で「売却」すると、二束三文で「売却」するだけになり何のメリットも生みません。

また整骨院にしろ、接骨院、治療院、鍼灸院であったとしても店舗営業が基本になるので、事業がうまくいけば現場を離れていきたくなる人が多くなります。

つまり独立しやすい業界だという事です。

それらを考えたうえでも、開業当時から売却を目途にいれた事業展開することも一つの考え方だということです。

>次のページ:整骨院を開業して良いこと悪いこと

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院店舗経営者向けの所得保証の保険があるって知っていましたか?
整骨院で働く柔道整復師の気持ちが分からなくて悩んでいる経営者へ
女性の柔道整復師だからできる整骨院経営のカタチ
あなたの整骨院経営の将来に安心がありますか?
これからの整骨院業界の5年後を予測する
整骨院店舗の事業売却(M&A)を行なうのが「今」でなければならない理由

最新記事のチェックにフォローしよう