運営・経営

リピート率を下げると売上が上がるのが整骨院の神髄

リピート率を下げると売上が上がるのが整骨院の神髄

整骨院経営の肝は、新規患者の開拓と「リピート率」だと言われています。

これは、「新規顧客」と「リピート率」という飲食業やサービス業全般で言われていることです。

「新規顧客」の開拓は間違いなく「整骨院店舗の経営」においても必要なことです。

しかし、我々「整骨院」や「病院」は、患者様の悩みを解決するところです。

そう考えれば、「リピート率」を高めることは本来の在り方とは逆行してしまっていることに気づきませんか?

リピートする必要がないように、早急に治療または改善し、二度と通院しないようにしてあげないと「偽りの仕事」をしているということになりますよね。

「口コミで他の患者様が来る」、「既存の患者様でも治った所とは別の部分を怪我したから来る」ということであれば話はわかります。

それにも関わらず現状では、

病院は薬の処方だけしてもらいに来る所で、整骨院はマッサージをしてもらいに来る所

を業としているような状態です。

薬が治療薬なのであれば、症状を止めるだけではなく、根底から治せるものでなければなりません。

整骨院での保険を使ったマッサージ(?)も症状を緩和するのではなく、改善させるような効果がなくてはなりません。

それがなぜか、症状だけを止めたり、軽くさせたりすることで、リピートを目的に行っているというのは矛盾した考えではないでしょうか。

これからの整骨院を繁盛させるポイントは、

「リピートしない整骨院」

を創ることです。

症状を改善させ、再発しない施術ができる整骨院です。

間違ってもリピートする整骨院なんて目指してはいけません。

結果、リピートもしないし、新規の患者様も増えません。

「リピート」させないことを目的にすれば、自然と技術を身に着ける方向に向かいます。

すると売上は必ず上がります。

なぜなら大半の整骨院が、「柔道整復師」として本来の状態からかけ離れた所にあるからです。

ある意味チャンスと言えるでしょう。

そして、黒字化を果たし、売上上昇が見込めてきたら、「事業売却(M&A)」をかけましょう。

そして「事業売却(M&A)」の「売却益」で完全自費型の治療院を作るべきです。

今までの簡単な道のりは今後は完全に淘汰されていきます。

より正しく、より高い技術のある治療院しか続けていくことができないでしょう。

弊社のコンサルタントである大竹一彰は、柔道整復師の国家資格取得後3か月で整骨院を開業し、わずか2年で単店舗当たりの売上全国1%以内、1日平均来院数100人前後(施術者2名)にまで育て上げ3店舗の運営を行った後、事業売却(M&A)を行い複数の事業を立ち上げながら整骨院専門の経営コンサルタントとして活動しています。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

開業前の方は都合の良い場所を調整し、面談をする形をとります。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

>次のページ:整骨院経営の大半の悩みを解決する事業売却(M&A)

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院店舗を開業するために必要なモノと開業資金について
某プロ野球球団でトレーナーとして働いていた人が経営する整骨院のハナシ
これからの整骨院業界の5年後を予測する
柔道整復師は治療勉強会に行く暇があるなら集客しよう
整骨院を開業するのにベストなタイミングとは
整骨院経営で保険が使えなくなる日は近い?!

最新記事のチェックにフォローしよう