運営・経営

いつまで湿布を張り続ける整骨院を続けているのですか?

いつまで湿布を張り続ける整骨院を続けているのですか?

まだ湿布貼ったり売ったりしている整骨院があるんですね!!!

湿布は

治癒を遅らせるもの

という認識は一般的な所となりました。

整骨院は治すところではないんでしょうか。

全否定をするわけではありませんが、

消炎鎮痛剤を使う以上、血流の阻害が起きることは当然のこと

です。

血流の阻害が起こるということは、回復させることも阻害されているということです。

それは修復物質も血流にのってやってくるから当然のことです。

私は

・「痛みが強烈で寝れない」
・「痛すぎて冷や汗が出る」
・「痛すぎて日常生活が困難」

といった状態の時に一時だけつけることを許可をします。

しかし、我慢できるようであるならば、「アイシング」や「湿布」、「メンソレータム」等は使用しません。

それは前述したように、治癒を送らせてしまうからです。

あるキックボクサーが言った話ですが、

殴られたり蹴られたりして腫れが強く出ると熱めのお湯をかける

と言っていました。

打撲や捻挫は冷やしてしまうと、「治癒」が遅れ、慢性化してしまうのでパフォーマンスに響いてしまうと言っておりました。

まさにその通りです。

「アイシング」や「湿布」などは血流を乏しくしたり、神経的に敏感な部分を紛らわせているに過ぎません。

>次のページ:整骨院経営の在り方は患者が本来求めている目的をサポートすること

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院経営を売却する時に考える事
整骨院経営が迎えた最も困難な時代は今
療養費委任支払い制度をちゃんと理解していますか?
整骨院店舗の事業売却(M&A)はオワリではなくハジマリ
整骨院経営の最大の鬼門である「雇用問題」から逃げないようにしましょう。
整骨院大乱立時代に柔道整復師がやるべきこと

最新記事のチェックにフォローしよう