お悩み相談

整骨院経営者が従業員の顔色を気にし始めたら事業売却(M&A)

整骨院経営者が従業員の顔色を気にし始めたら事業売却(M&A)

整骨院経営者で多店舗展開をしているオーナーさんに非常に多い悩みの一つがあります。

それは、

「スタッフの顔色を伺いながら仕事をしてしまう」

ことです。

もちろん1店舗の経営であっても従業員を雇用している整骨院経営者であれば持っている悩みです。

そしてスタッフ関係の悩みには大きな問題を孕んでいます。

それは

整骨院という業種は、一度、雇用を始めると人材確保の闘いになる

ということです。

「柔道整復師」の資格はあっても、コミュニケーション能力が乏しかったり、実際に人に触れることができない人が多い事実があります。

実際に一人前にまで育つ人は、10人に1~2名ぐらいが現実ではないでしょうか。

そのため現場に立って任せられるスタッフを確保した時、簡単には手放したくないし、独立されては困ると思うのが本音でしょう。

その結果、様々なスタッフへの配慮を行うことになります。

一例としては、

・給与のアップ
・休みの確保
・福利厚生の充実
・勤務時間
・職場環境の充実

などでしょう。

特にメンタル面でのモチベーションを高く維持させるような仕組みを組む必要があります。

上記ができない経営者は、従業員がいつ辞めると言い出すか不安でたまりません。

さらに辞めた時に、補充する資格保持者がみつかるかどうかの不安も同時に感じています。

これらの不安に駆られてくると、従業員の顔色を伺うようになり、いつしか、従業員の立場の方が強い組織になります。

それでも従業員の大半の方の本音は

「もっと楽してもっと稼ぎたい」

です。

そのため給与はたくさん欲しいけど、可能な限り楽な環境を求め続けます。

>次のページ:整骨院経営者で従業員の顔色をうかがい始めたら今すぐ事業売却(M&A)

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

あなたのやりたかった整骨院はどうなったのですか? ~やりたい事からどんどん遠ざかる整骨院業界~
これからの整骨院経営の理想形はとにかく小さく
整骨院は開業から5年間で粗利1億円ぐらいは稼げます。
整骨院経営の理想と現実のギャップを感じていませんか?
これからの整骨院経営に必要なことは保険を使わない決断
整骨院経営を続けなければいけない理由なんてどこにもない

最新記事のチェックにフォローしよう