お悩み相談

柔道整復師・鍼灸師の「優良」な整骨院・鍼灸院の見つけ方

柔道整復師・鍼灸師の「優良」な整骨院・鍼灸院の見つけ方

「柔道整復師」や「鍼灸師」が働き先として「優良」な「整骨院」や「鍼灸院」を探しだすのは困難です。

それは

働いてみないとわからないことが多い

からです。

これはどの業界でも言えることかもしれません。

また「優良」という尺度は人によって異なることも難しくしている要因でもあります。

とは言え、大半の方が望む条件は、

しっかりとした技術が学べて雇用形態も一般企業レベル

ということではないでしょうか。

雇用条件も優良な企業を選ぶと考えがちですが、業界的に考えてもそこまで高望みはしていないのではないでしょうか。

しかし、それでも「優良な」整骨院がなかなか見つからないのは、

・しっかりとした技術が学べるが給与は安い
・一般的な企業レベルの雇用だが技術はあまり学べない

という所が大半だからでしょう。

つまり今風な言葉で言えば、「ブラック企業」と言われるところしかないということです。

そんなところに好き好んで就職する人はなかなかいないでしょう。

「柔道整復師「や「鍼灸師」の立場から考えると、働き先を探すにはとても難しい状況です。

そんな方は、下記の条件を参考にしてみてください。

・勤務時間は8時間(それ以上は残業手当が支払われる)
・法定休日の出勤は休日出勤手当が支払われる
・雇用保険に加入できる
・法人であれば社会保険に加入できる
・有給がある
・最低賃金を割っていない

上記の条件は最低限でも満たしている整骨院を探しましょう。

間違っても弟子だから月に「3万円」や「5万円」で働くようなところは避けましょう。

はっきり言って何も得るものはありません。

モチベーションも上がることがありません。

昔ながらの方法があるんだと言われそうですが、昔ながらの技術を守り、進化させているようなところは雇用体形も現状に即したものに必ずしています。

柔道整復師・鍼灸師が働き先を選ぶ時に考えること

これから就職を考えている方は、

少しても早く現場の「ノウハウ」を手に入れ、「経営」を学び、「立ち上げ」に必要なことを勉強し、独立すること

を一番の目的に動きましょう。

それぐらい現在の整骨院業界は過渡期に突入しているので、優良な働き先はみつかりません。

となれば自分で作ってしまうのが一番です。

柔道整復師は開業しなければ、専門学校の学費すら回収が困難な職種です。

そのため独立を視野に入れた動き方を考えるようにしましょう。

開業資金もそこまで必要ではない業種なので、とにかく早く現場感を養ってしましょう。

そうすれば、開業後5年で粗利を1億円ぐらい稼ぐことも難しくありませんよ。

開業をお考えの方はご相談ください(弊社LINEアカウントまで)。

始め方が最も重要なことです。

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

これからの整骨院経営に必要なことは保険を使わない決断
不正が当たり前の業界で働きたい人間なんていない ~整骨院業界に不正がはびこる理由~
整骨院経営にはリピートさせない技術が必要不可欠
整骨院店舗を事業売却(M&A)する時にも大切なのはいつも「人」
あなたはマッサージャーで満足ですか? ~マッサージはマッサージ師が行うこと~
整骨院を経営したら思ったような施術なんてできなくて当たり前

最新記事のチェックにフォローしよう