自費治療

自費治療型の整骨院をやるなら野球肩の治療が狙い目

自費治療型の整骨院をやるなら野球肩の治療が狙い目

整骨院や鍼灸院を経営する先生の中でも、名治療家と言われる先生は多くはありません。

様々な独特の治療方法をもち、様々な疾患を改善させていきます。

しかし、そんな中でも一際目立って治療が難しいものが

野球選手の肩の障害

です。

俗にいう「野球肩」と言うやつです。

野球選手は肩関節の故障に悩まされると決まって口にする言葉があります。

それは

「治ったと思っても投げると痛い」

という嘆きです。

そんな選手は、シャドーピッチングやネットへのボール投げ程度で痛みがでることは全くありません。

しかし、40〜50mの投球になると、肩関節に負荷がたくさんかかるため激痛がはしります。

この時の痛みを 、「投げると痛い」と野球選手は表現します。

しかし、「痛み」を経験したことのない治療家や医師からすると「投げると痛い」の意味が分かりません。

なぜなら、理論上から言えば「痛み」が出るはずがないからです。

ここに選手と医療関係者のギャップが生まれ、結果的には改善されることなく選手生命が終わっていきます。

これは私自身も体験したことがあります。

現役時代にたくさんの名治療家や医師に診ていただきましたが、治ることはありませんでした。

治ったとしても一時的に痛みが取り除かれるか、和らぐ程度のことでした。

自費治療を導入するなら柔道整復師ならではのことをやろう

この経験が私を柔道整復師の道へと進めたわけですが、様々な試行錯誤のもと「野球肩専門の治療メソッド」を作り上げることができました。

治療院での投球において痛みが出ないことについて野球選手は既に理解しています。

選手たちが望むことは

グラウンドに立ち8割以上の力で投球した時に走る痛み取り除きたい

ということを忘れてはいけません。

一瞬の痛みをとったところで何の解決にもなっていません。

先ほども述べた通り、医療関係者の多くはこの微妙な感情を取り違えているため、なかなか野球肩を改善するための研究が進められていませんでした。

しかし、この度、「整骨院経営.com」では「野球肩」を早期に改善させられるようなメソッドを完成させることに成功しました。

実際に様々な高校球児、大学生、社会人選手を診てきましたが、99%改善しています。

最近の整骨院業界では自費治療への移行が一種のブームになっています。

もし自費治療への移行を考えているのであれば、皆が治しにくいジャンルなだけに「野球肩」はかなりの狙い目です。

この野球肩の専門的な治療方法を勉強して、自費の分野を増やすことも可能です。

FC展開等をしていければ収益も見込めます。

せっかく柔道整復師になったのですから、美容などのジャンル違いのことよりもスポーツの治療をやりませんか?

詳しく知りたい方は弊社までご相談ください。

弊社のコンサルタントである大竹一彰は、柔道整復師の国家資格取得後3か月で整骨院を開業し、わずか2年で単店舗当たりの売上全国1%以内にまで育て上げ3店舗の運営をった後、事業売却(M&A)を行い現在の整骨院専門のコンサルタントとして活躍しています。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

開業前の方は都合の良い場所を調整し、面談をする形をとります。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

自費治療の関連記事

Contents Menu

自費の導入がうまくいかないなら事業売却して粗利1億円ぐらい稼ぎませんか?
野球肩革命メソッドを限定3社にお伝えします~野球肩が治せない整骨院の方へ~
野球選手の肩を救う野球肩革命メソッドを公開していきます。
「肩こり」がお悩みで来た患者様をお断りしていますか? ~保険は適用されません~
整骨院の経営は独自技術の開発のためにするもの
整骨院の経営を良くしたいなら「技術」なんて磨いてる場合ではない

最新記事のチェックにフォローしよう