その他

整骨院経営.comを創設した理由 part2 ~10坪ベッド4床 5年で粗利1億円を実現する方法~

野球選手時代の経験

私は3歳の時に初めて野球ボールを握り、野球というスポーツとの関わりが始まりました。その当時は、感情の赴くままに、気がつくと泥だらけになりながら白球を追っていた日々を思い出します。

若かりし私は、プロ野球選手を夢見て、毎日テレビや、ラジオにかじりつきながらプロ野球を見たり聞いたりすることで、野球の技術を学んでいきました。

有名な選手の真似をしたり、自分の技術向上をはかったりと、毎日がとても楽しかったのを記憶しています。

幸いに大きな怪我もなく高校に進学し、野球部に所属しながらプロを目指しました。チームメイトにも恵まれたおかげで、念願の甲子園にも出場することができました。

高校卒業後は、プロからドラフトの誘いがあったのですが、数日前に指名取消の通告を受け、プロ野球界への道は目前で断たれることになりました。

それでも野球の道を諦めなかった私は、社会人野球へ進み再度プロを目指すことにしました。

社会人野球時代の試練

この社会人野球にて、人生を変える出来事がありました。

それは

肘の怪我

です。

この肘の怪我により、思うような投球ができなくなったので、病院に通うと、全治6ヶ月の診断、ノースローを告知されました。

4月入社の数ヶ月での出来事だったので、6ヶ月のノースロー宣告は、社会人1年目を棒に振るということと同義でした。

当然ながら、かなりの絶望感を味わうことになりました。

しかし、当時の私には、野球をやること以外、自分の人生では考えられなかったため、基礎トレーニングと身体のメンテナンスの日々を歯を食いしばって過ごすしていました。

そして2年目を迎えた時、いよいよ投球禁止の解除がもらえたので、意気揚々と投球を開始しました。

しかし、その矢先の出来事でした・・・なんと今度は肩に痛みが出てきたのです。

肘で1年目を棒に振って復帰した矢先の肩の痛み・・・。

当然、痛いとは言いだせず、周囲の人間に隠しながら投球していました。そのため、全盛期のような球速はもちろん出すことはできません。

今、自分が医療の現場に関わり、これら一連の流れは起こるべくして起こったことは理解できますが、当時の私には分かるはずもありません。

とにかく自分はなんて不幸なやつなんだ・・・と思っていました。そこからもどんどん故障は悪くなっていきます。

少し投球を休んでしまうと、全く投げることもできなくなるという状態に陥ったのです。

ちょっとよくなった気がしたり、まったく投げられない日もあったり・・・といった日々を繰り返しているうちに、とうとう塁間ほどの距離も投げることができなくなってしまいました。

これは、社会人4年目の出来事でした。

一般の会社であれば油がのり始める時期ではありますが、スポーツ選手としては崖っぷち、プロ野球選手になる夢を実現するためには絶望的な状態です。

人生初手術

肩の怪我も悪化するばかりだったので、思い切って選手生命をかけて手術をすることにしました。

これが

人生第2のターニングポイント

でした。

人生初めて自分自身で向き合った医療現場との出会いでした。

幸いにも、手術は成功し、球速は全盛期に近いくらいまで戻りました。しかし、肩の痛みがとれることはなく、なんなら野球をやめた今でも痛みは残っているぐらいです。

結局はこの故障がもとで野球選手としての道を断念せざるを得なくなるわけです。

 

『「野球選手時代」の経験』 <<< 前の話

次の話 >>> 『「トレーナー」への興味』

 

その他の関連記事

Contents Menu

整骨院経営.comを創設した理由 part2 ~10坪ベッド4床 5年で粗利1億円を実現する方法~
整骨院経営.comを創設した理由 part5 ~10坪ベッド4床 5年で粗利1億円を実現する方法~
整骨院経営.comを創設した理由 part4 ~10坪ベッド4床 5年で粗利1億円を実現する方法~
整骨院経営.comを創設した理由 part6 ~10坪ベッド4床 5年で粗利1億円を実現する方法~
整骨院経営.comを創設した理由 part3 ~10坪ベッド4床 5年で粗利1億円を実現する方法~
整骨院経営.comを創設した理由 part1 ~10坪ベッド4床 5年で粗利1億円を実現する方法~

最新記事のチェックにフォローしよう