M&A情報

これからの整骨院業界におけるベストな状態とは?

これからの整骨院業界におけるベストな状態とは?

経営者である限り、自分の業界が今後どのような方向性に行くかを知っておく必要があります。

その中でベストな選択をしながら、一番大切な「自分が実現したい事」を追求していくことが大切です。

それでは、これからの整骨院業界はどのような経営が求められるようになるのでしょうか。

それは、

これからの整骨院経営は「元に返る」

というワードがキーポイントになってきます。

「元に返る」とは何を意味しているのでしょうか。

それは、

骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷の施術のスペシャリスト

ということです。

本来はそれらの外傷の施術ができる場所として、「ほねつぎ」と言われてきました。

そんな「ほねつぎ」の形に整骨院経営が戻っていくということです。

というか戻っていかざるをえなくなるでしょう。

患者様目線からでは、「保険のきくマッサージ屋さん」というのが整骨院に対する主な認識です。

「健保組合」や「行政」の指導によって「どうやら違うらしい」ということが少しずす認識されてきていますが、まだまだ認知度は低いものがあります。

ただし、好んで良くないことをする方々の絶対数が少ないことは間違いありません。

そのため徐々にでも整骨院は慰安目的での施術はできないと患者様が認識し始めるでしょう。

100%がないにしても、上記のような状態になった時、本来の「柔道整復師」として「外傷」への施術ができないとなると死活問題です。

患者様が来院されることはなく、仮にできるとすれば、値下げ合戦をすることしかできないでしょう。

しかし、そこには行く手を阻む大手企業の進出があります(これからの整骨院業界は大手企業が牛耳る時代に ~これからの整骨院業界の渡り方~)。

価格勝負で大手企業に勝ることは至難の業です。

本日の記事で記したような整骨院業界になることを想定して対策をする必要があります。

そして、そのためには今から動くべきなのです。

これからの整骨院経営は外傷のスペシャリストになりましょう

整骨院経営は外傷を施術できなくてはなりません。

しかしながら外傷の絶対数は非常に少なく大半は整形外科に流れます。

そうなれば整骨院の経営は困難だということになります。

そのため自費治療でもしっかり改善できるような技術を今から身につける必要があります。

しかし、技術は簡単に取得することはできません。

人の体を変える技術なので死にもの狂いで勉強していかなくてはならないかもしれません。

しかしそれくらいやらなければ、この道で生活してくことは難しいでしょう。

元に返る日はそう遠くはありません。

自分にしかない独自の技術を手に入れて、完全自費型の治療院を作り、これからの情勢を乗り切りましょう。

とはいえ、いきなり自費治療を導入してもなかなか上手くいきません(整骨院の自費治療移行と介護業界への参入の末路 ~コンサルタントの釣広告にだまされないで~)。

通常の保険内治療と並行して自費治療のメニューを導入するような考え方はまず上手くいきません。

完全に移行するぐらいの覚悟が必要です。

しかし、そんなに簡単に集患できるわけでもありませんし、技術も簡単には身に付きません。

その間のランニングコストもばかにはなりません。

では、どうすればいいのか。

その答えは、

整骨院店舗の事業売却(M&A)

です。

事業売却によって得た売却益をもって、次の戦略に備えるのです。

整骨院経営の大半の悩みを解決する事業売却(M&A)

事業売却(M&A)を行を行えば、大半の悩みを解決してしまいます。

雇用問題に懸念を抱かれる方も多いのですが、基本的に「売却先」になる企業はあなたより大手の企業であることが大半です。

また事業売却の交渉時に、スタッフの雇用環境の改善を依頼することも可能です。

すると、現金な話ですが、スタッフの心は、「売却先」へと傾いていってしまうものです(笑)

当然、雇用が安定に向かうわけなので、断る理由は特にありません。

そのため、現在の整骨院のオーナーであるあなたは、事業売却(M&A)によって得た売却益で、新たな整骨院をつくりましょう。

そのために必要なスキームはM&Aから新規出店の流れまでご相談に乗れますので、具体的な計画をたてたい方は弊社LINEアカウントまでご連絡ください。

もし開業前であったなら、5年間で粗利1億円を稼ぎ出す方法さえもあります(「10坪4床5年間で粗利1億円を稼ぐ整骨院の作り方」)。

もし開業する前や、開業後まだ日が浅くて悩んでいることがあったら、弊社LINEアカウントまでご相談ください。

開業支援のコンサルティングも提供しております(相談は無料)。

事業売却(M&A)は整骨院業界にはまだまだ馴染みのない経営手法かもしれませんが、業界の状況などに気づいた整骨院オーナーの方々は次々と事業売却(M&A)を進めています。

その後は、その数千万のキャッシュをもって新たな整骨院を開業したり、別の事業へと進出しています。

しっかりとしたキャッシュを得た上で、自分のやりたいことへチャレンジすることができます。

今すぐ事業売却(M&A)への道を検討してみてください。

新規出店時から、赤字店舗の立て直し、事業売却の支援まで一貫してコンサルティング致しますので、整骨院経営に関わるすべてをご相談ください(弊社LINEアカウントまで)。

整骨院業界の事業売却(M&A)の流れはとまらない?!

整骨院店舗における事業売却(M&A)は頻繁に行われていることです。

しかし、数十店舗規模のものが多く、馴染みがないのでしょう。

今後は整骨院は居抜き売却ではなく、大手へ事業売却をしていく時代に変わってきます。

整骨院の雇用制度などの実際を考えていくと現在の構図には無理があります。

それらを解消する為にも、資金力のある企業に経営を委ねるという方向性は加速してきます。

保険治療から自費治療のメニューに業界が変わっていくことも「柔道整復師」の本質を考えれば、当然の流れだと言えます。

しかし、その変化のために、現状をベースとした整骨院から移行していくという考え方は適切ではありません。

一度、保険治療の整骨院は事業売却した上で、自分自身の思い描く、完全自費治療型の治療院を開業するというのが最も適切な方法です。

それなりの売上を健全に行っている整骨院であれば1.000~3.000万円/店舗ぐらいのキャッシュと無限の可能性が得られます。

整骨院のM&Aについて詳しく知りたい方は弊社LINEアカウントまでご連絡ください。

M&A情報の関連記事

Contents Menu

整骨院の事業売却(M&A)で経営的なメリットを出すリミットは1年
これからの整骨院業界におけるベストな状態とは?
整骨院経営者が事業売却(M&A)の本質を知らなければいけない理由
「売却」と「事業売却」の違いは分かりますか? ~事業売却という考え方のススメ~
整骨院店舗の事業売却(M&A)をするなら今が旬 ~これからの整骨院の第一歩は事業売却にある~
整骨院店舗の事業売却(M&A)って聞いたことありますか?

最新記事のチェックにフォローしよう