M&A情報

整骨院店舗を事業売却(M&A)すると高値で売れるの知っていますか?

整骨院店舗を事業売却(M&A)すると高値で売れるの知っていますか?

突然ですが、

整骨院店舗を高値で売れる

ってご存知ですか?

例えば、整骨院店舗を閉院しようとした時に、店舗をスケルトンにしてから受け渡すことが常識です。

そのため閉院するにも費用がかかります。

この費用をかけないで受け渡しをする方法が「居抜き」です。

メリットは、不動産屋さんが借り手を探すのが楽で、受け渡す側の退去費用が最小限におさえられ、次回借りる人が入る時の内装工事に費用が安価となることです。

しかし、「居抜き」で売却する際に、整骨院店舗の手元にはほとんどキャッシュは残らないでしょう。

そのため、特に辞める理由もない売上であれば、多少の悩みがあったとしても整骨院店舗を続ける方が大半ではないでしょうか。

そんな人に知っておいて欲しい売却方法というのがあります。

それこそが、

事業売却(M&A)

です。

整骨院店舗の「事業売却(M&A)」と「居抜き」の違いは?

 

「居抜き」とは違った売却方法である「事業売却(M&A)」とはどのようなものでしょうか。

「事業売却(M&A)」とは、

運営したままでそのまま不動産の借主の名義変更、そこで働く従業員の雇用の引き継ぎを行い、院はそのままで経営者だけ変わるという方法

です。

この「事業売却(M&A)」のメリットは、

売却側からすれば、従業員の雇用環境を高めながら、「居抜き」とは比べ物にならない金額で売却できることです。

購入者側からすれば、患者様を1から集める必要がなく、ベースを引き継いで経営を始めることができます。

雇用環境が高まる点に関しては、いつも驚かれるところですが、普通に考えれば理解できることです。

「事業売却(M&A)」で購入する側の企業は、売却側の企業より事業規模が大きくなるのが一般的です。

そのため「事業売却(M&A)」は双方にとってメリットの大きい売却方法です。

これからの整骨院店舗は事業売却(M&A)を今すぐすべき

黒字の整骨院であれば今すぐ「事業売却(M&A)」すべきです。

赤字なら黒字転換をして「事業売却(M&A)」です。

なぜここまで「事業売却(M&A)」をおススメするのかというと、様々な整骨院業界の実状があります。

それは、他の記事でも記しているのでチェックしてもらいたいのですが、タイミング的には今しかありません。

よっぽど今の整骨院経営が好きな人でない限り、一度「事業売却(M&A)」をすることは全ての整骨院にとってメリットを享受することができます。

この事実に気づいている整骨院オーナーさんは、次々と「事業売却(M&A)」を成功させています。

業界的に「事業売却(M&A)」に馴染みが薄いために知らない人がいないというだけで、チャンスを逃しています。

整骨院業界の事業売却(M&A)の流れはとまらない?!

整骨院店舗における事業売却(M&A)は頻繁に行われていることです。

しかし、数十店舗規模のものが多く、馴染みがないのでしょう。

今後は整骨院は居抜き売却ではなく、大手へ事業売却をしていく時代に変わってきます。

整骨院の雇用制度などの実際を考えていくと現在の構図には無理があります。

それらを解消する為にも、資金力のある企業に経営を委ねるという方向性は加速してきます。

保険治療から自費治療のメニューに業界が変わっていくことも「柔道整復師」の本質を考えれば、当然の流れだと言えます。

しかし、その変化のために、現状をベースとした整骨院から移行していくという考え方は適切ではありません。

一度、保険治療の整骨院は事業売却した上で、自分自身の思い描く、完全自費治療型の治療院を開業するというのが最も適切な方法です。

それなりの売上を健全に行っている整骨院であれば1.000~3.000万円/店舗ぐらいのキャッシュと無限の可能性が得られます。

整骨院のM&Aについて詳しく知りたい方は弊社LINEアカウントまでご連絡ください。

 

M&A情報の関連記事

Contents Menu

あなたは本当にまだ整骨院を続けていたいですか? ~店舗事業売却という考え方~
整骨院を売却するといくらになるか知っていますか?
整骨院店舗を事業売却(M&A)すると高値で売れるの知っていますか?
整骨院経営を事業売却(M&A)するならお急ぎください。
事業売却(M&A)対象の黒字の整骨院が16院売りにでています。
整骨院店舗を事業売却(M&A)する時に注意すること

最新記事のチェックにフォローしよう