M&A情報

整骨院店舗を事業売却する時に欠かせないこと

整骨院店舗を事業売却する時に欠かせないこと

さて、様々な理由で整骨院店舗を売却することを御考えの方がいらっしゃると思います。

そんな時に欠かせないこととはなんでしょうか。

これは商売をやっていれば当たり前のことです。

整骨院売却に関してもっとも大切なポイントとは

「売上」がたっていて「純利益」が出ていること

です。

この純利益がどれくらいあるかが、売却額のポイントとなってきます。

売上もたっていない、利益もたっていない店舗に魅力なんてありません。

あるとすれば、設備などを安く購入できる可能性だけです。

ただ、店舗自体に(売上がたっていないということは)マイナスのイメージがついているため、販売額もおのずと下がってくることになります。

そのため、売却側も購入側にとっても「売上」と「純利益」が最も大切なことになってきます。

買うことによって買い手にメリットが出るような状態にしてあげることが一番重要なことです。

そのためには利益が出ている状態にすることです。

もし赤字であれば、ご相談ください。

黒字化安定のためのコンサルも受け付けております。

 

また、今の状態を知りたいという方であれば面談も行っております。

さらに売上を上げて売却したいのであれば、売上増加のためのコンサルも請け負っております。

整骨院の売却はそれほど難しくはありません。

特別な仕入れが大量にあったり、経費が沢山かかるような業種ではありませんので、デューデリも時間がかからず簡単に終わることがほとんどです。

売却に関するお問い合わせはコチラまでご連絡ください。

なぜ利益が出ているのに売却しなければならないの? と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、それはあながた利益の出ている整骨院を経営したことがない証拠です。

一度経営されてみれば事業売却の魅力に気づくはずですよ。

M&A情報の関連記事

Contents Menu

整骨院店舗の事業売却(M&A)が柔道整復師の未来を救う
なぜ利益が出ている整骨院店舗を売却するのか?
整骨院経営に悩み始めたら事業売却して粗利1億円ぐらい稼ぎましょう。
【整骨院/接骨院/治療院/鍼灸院の店舗売却】 「居抜き」であることは大したメリットにはならない
整骨院の事業売却(M&A)をお考えなら整骨院経営.com
事業売却(M&A)対象の黒字の整骨院が16院売りにでています。

最新記事のチェックにフォローしよう