M&A情報

整骨院店舗を居抜きで売却ちょっと待った! ~「居抜き」より「事業売却」を選んだ方が良い理由~

整骨院店舗を居抜きで売却ちょっと待った!

整骨院店舗の売却を検討されている先生には、「居抜き」で売るという選択肢しかほとんどないと思います。

しかし、「居抜き」で売却してしまっても二束三文にしかなりません。

そんな先生方に考えて欲しいことがあります。

それは

事業売却(M&A)をする

という選択肢を持つことです。

「事業売却(M&A)」のメリットと「居抜き」のメリット

「事業売却(M&A)」も「居抜き」であったとしても、メリットが当然あります。

どちらのメリットを選ぶのかで売却方法を選択する必要があります。

「居抜き」での売却をするということは、整骨院を閉めるという選択をするということです。

 

つまり、すぐに整骨院業界から足を洗う形になり(すぐに売れたとしたら) 、肩の荷をすぐに終わらすことができます。

しかし、それで終わりであることに変わりはありません。

次にどうしますか?

また新しい仕事を一から覚えるのでしょうか。

逆に事業売却(M&A)をやろうとすると、一度黒字化しなければなりません。

なぜなら収益が出ていないような店舗を欲しがる企業はありません。

とは言え、半年~1年の間、黒字をキープすれば、居抜きより簡単に売却することができます。

さらに売却益も10倍以上は変わってきます。

現在居抜きで売却しようという整骨院がある場合、まずは、もう一度、院の状態をブラッシュアップしましょう。

従業員の部分であったり、売り上げの部分であったり、そういったところの修正をオーナー抜きでできる形にするのです。

実現できれば、事業売却(M&A)対象の整骨院となります。

買い手企業は「居抜き物件」よりたくさんいます。

立地等含めて条件が合えば黒字整骨院であればすぐに売れるでしょう。

売却の際の注意点等は、以前の記事にてお伝えしています。さらには書籍か冊子としての方法も検討中ですので、そちらを読んでいただいても詳しくわかるようになっております。

整骨院売却は居抜きより断然M&Aのほうが良い結果がでます。

キャッシュ的にも雇用的にもです。

とにかく方法がなくて困っているのであれば、ぜひご相談ください。

一店舗ぐらい黒字にするのは、どんな立地や条件であってもそんなに難しいことではありません。

ご質問、ご相談は弊社LINEカウントまで。

また、事業売却(M&A)は整骨院業界にはあまり馴染みがないのかもしれません。

しかし、水面下ではどんどん進行している経営方法です。

買い手は、実はいっぱいいるんですよ。

整骨院業界の事業売却(M&A)の流れはとまらない?!

実は知られていないかもしれませんが、整骨院店舗における事業売却(M&A)は頻繁に行われていることです。

しかし、数十店舗規模のものが多く、馴染みがないのでしょう。

今後は整骨院は居抜き売却ではなく、大手へ事業売却をしていく時代に変わってきます。

整骨院の雇用制度などの実際を考えていくと現在の構図には無理があります。

それらを解消する為にも、資金力のある企業に経営を委ねるという方向性は加速してきます。

保険治療から自費治療のメニューに業界が変わっていくことも「柔道整復師」の本質を考えれば、当然の流れだと言えます。

しかし、その変化のために、現状をベースとした整骨院から移行していくという考え方は適切ではありません。

一度、保険治療の整骨院は事業売却した上で、自分自身の思い描く、完全自費治療型の治療院を開業するというのが最も適切な方法です。

それなりの売上を健全に行っている整骨院であれば1.000~3.000万円/店舗ぐらいのキャッシュと無限の可能性が得られます。

整骨院のM&Aについて詳しく知りたい方は弊社LINEアカウントまでご連絡ください。

M&A情報の関連記事

Contents Menu

整骨院の事業売却(M&A)で経営的なメリットを出すリミットは1年
整骨院店舗を居抜きで売却ちょっと待った! ~「居抜き」より「事業売却」を選んだ方が良い理由~
整骨院を売却するといくらになるか知っていますか?
これからの整骨院業界におけるベストな状態とは?
整骨院経営をするあなたの悩みを「事業売却(M&A)」が解決してくれるとしたら?
事業売却(M&A)対象の黒字の整骨院が16院売りにでています。

最新記事のチェックにフォローしよう