運営・経営

整骨院経営という事業を継続的に繁栄させるために最も必要な事

整骨院経営という事業を継続的に繁栄させるために最も必要な事

一度経営を始めた人であれば誰しもが永続的な繁栄を望んでいます。

では、永続的な繁栄をしていくために最も必要な事とは何でしょうか。

売上でしょうか?

技術力でしょうか?

どちらも大切であることは間違いありませんが、実は違います。

最も大切なこととは

税金を適切に支払うこと

です。

事業を行っていれば、税金を支払うことは当然のことです。

そしてその税金も、何もないところから税金を支払うことはないので、当たり前にやっていれば支払えないことはありえません。

売上から経費を引いた利益に対して税金が決まります。

しかし、その当たり前の税金の支払いができない人が多いため事業が破綻します。

その原因は、節税という名目のもと経費を無駄使いしてしまっていることです。

今期支払っている税金は前期の売上を元に確定していることなので、今期の売上から税金を支払っているとすれば簡単にキャッシュアウトが起きてしまいます。

なぜなら

事業は永続的に伸び続けることなどありえず、黒字も出続けるとは限らないから

です。

そのため、今期分発生する税金は必ず来期の支払いのために留保していなければなりません。

日本という国で事業を行っている限り、国がつくっている仕組みから抜け出すことはできません。

国がつくる仕組みとは税金のことであり、税金を支払わない企業は排除していく方向性になるのは分かり切った事実です。

そして反対に、税金を適切に支払っている企業は生き残ることができる仕組みにもなっています(といっても分かりにくくしてありますが)。

冷静になって考えればこれらも当たり前のことで、国を一つの会社と考えれば理解しやすいでしょう。

国の収入とは税金であり、税金の財源になるのは起業の利益から確定するため、できるだけ起業に儲かってもらった方が国としてはありがたい話です。

反対に赤字の部門などは次々と切り捨てていくことになります。

事業を永続的に繁栄し、継続させていくためには税金の支払いが最も大切です。

税金をある程度適切に支払い続けることができれば、国の機関が資金を貸してくれやすくなる仕組みも存在しています。

日本では「お金」や「税金」の仕組みを勉強する機会が少ないと思いますので、ぜひ一度真剣に考えるようにしてみてください。

運営・経営の関連記事

Contents Menu

そもそも事業売却(M&A)を目指した整骨院店舗をつくるススメ
整骨院店舗の「事業売却(M&A)」は考え方次第で誰でもできる
整骨院の治療にリコールはなんて存在しない
整骨院を売却する前にやるべきこと
整骨院店舗を事業売却(M&A)する時に大切なこと
整骨院の経営を続けたければラジオ体操に行け

最新記事のチェックにフォローしよう