運営・経営

整骨院経営者が考えるべきリスクヘッジの方法とは

整骨院を生きるために経営するのはやめましょう

整骨院を経営するにあたり、生活の糧だけに整骨院を経営するのはやめましょう。

それはどんな業界でも同じことですが、中でも現状の整骨院業界を考えれば得策とは言えないでしょう。

生活だけをかけて仕事をすると、必ずどこかで無理が生じます。

それは余裕がなくなってしまうためです。

整骨院業界で言えば、患者が来なかったら・・・診療報酬の減額が起こったら・・・など様々な悩みが増えます。

でも、余裕があればそんなこと考える必要もなく仕事をすることができますよね。

仕事というのは本来、死に物狂いでやるものではありません。

それは整骨院業界でも同じことです。

整骨院経営者が考えるべきリスクヘッジの方法とは

そのため副業をやるぐらいの余裕をお勧めいたします。

何かは人によって異なりますが、整骨院をやりながらもう一本の柱を立てることです。

しかし、分院を出すことはあまりお勧めしません。

基本的に何も変わらず、同じざるにお金を入れるのと同じですから。

違うざるに入れられるようなことを考えましょう。

それか一つひっくり返っても問題ないようにしましょう。

これが投資の原則です。

いわゆる分散投資というやつです。

ビジネスでも同じですよね。分散して仕事を持ち、リスクヘッジすることが大切です。

別の整骨院を経営することはリスクヘッジにはなりません。

いくつか分院を持っている場合は、それ以上増やさずにできれば事業売却(M&A)して減らしていきましょう(『整骨院店舗の事業売却(M&A)が柔道整復師の明るい未来を創る』)。

そして、売却益で他の業種を作り、もう一つの柱を作ることが理想です。

せっかく柔道整復師になったのであれば、完全自費型の整骨院にチャレンジすることもいいでしょう(『整骨院店舗を「事業売却(M&A)」し「完全自費型の治療院」を開業するのが唯一の道』)。

整骨院で毎月こつこつ安定的な収益を得ながら、もう一つは年間5回ほど大きな利益が見込めるような業態を動かし、キャッシュを生むために運営するのも良いでしょう。

整骨院経営事態を基盤としてに、大きな利益を生み出すことができるという2本柱ができます。

業務的なボリュームは今とほとんど変わらないのに、生活のために働く必要がなくなります。

肩甲面もですが、精神的な余裕がなくなった状態では怪我や病気になるリスクが高まります。

何事も余裕を持って、何かが起こった時に対処ができるようにしておきましょう。

整骨院を1店舗開業した程度では、今の時代、20歳台の一般的な会社員より少し稼げる程度です。

労力は何倍もかかっているのに、その程度だったらバイトでもしている方がよっぽど賢いというものです。

何が良く、何をどうしたら良いのか、本質の部分をみて、見栄や名誉で何事も行わないようにしましょう。

やってみなければ分からないことですが、現状に違和感があるのであればそれは方向転換の時期にやってきています。

あなたの整骨院にあった具体的な方法を知りたい方は弊社までご相談ください。

弊社のコンサルタントである大竹一彰は、柔道整復師の国家資格取得後3か月で整骨院を開業し、わずか2年で単店舗当たりの売上全国1%以内にまで育て上げ3店舗の運営をった後、事業売却(M&A)を行い現在の整骨院専門のコンサルタントとして活躍しています。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

開業前の方は都合の良い場所を調整し、面談をする形をとります。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院店舗の売上を何もしないで2倍にする方法 ~保険支払いの仕組みを利用~
整骨院店舗を居抜きで売却するのはもったいない。
整骨院経営がただの肉体労働になっていませんか?
整骨院店舗の従業員の所得を補償して人材確保を簡単にする方法
整骨院経営を本気で続けたければ規模を縮小せよ
自分の技術がマッサージ程度だと気付いていない整骨院の未来はない

最新記事のチェックにフォローしよう