運営・経営

整骨院を開業するのにベストなタイミングとは

整骨院を開業するのにベストなタイミングとは

柔道整復師や鍼灸師の方であれば誰しもが整骨院を開業することに憧れます。

最近では整形外科で一生勤務していくことを考えている人が増えているようですが、それはあくまで現実を知ってしまった後の話で、国家資格を取得する前には100%に近い人達が開業を夢見ているのではないでしょうか。

そんな時に、「いつ開業したいのか?」と問うと答えはいつも決まっています。

それは

「技術が備わったら開業したい」、「まだ技術がないから開業できない」

というものです。

続けて質問します、「その時期とはいつくるのか」と。

すると、この質問への答えが返ってくることはありません。

では、整骨院を開業するタイミングとしてベストな時期とはいったいいつなのでしょうか。

医学や医療の技術は我々柔道整復師の手技療法の技術も含め日進月歩です。

毎日毎日、我々が考えている以上に新しいものが生まれ、世の中にリリースされています。

これからの時代はもっとそのサイクルは加速するでしょう。

そんな中で「技術」を理由に開業しないのであれば、その「開業」は一生やってくることはないでしょう。

技術も含め、実際に整骨院を開業しないと分からないことがたくさんあります。

我々が必死に勉強した技術でさえ、開業後、年に一回しか使わない技術なんて山ほどあります。

そんな技術を習得するために、何年もかけて勉強するのは非合理としか言いようがありません。

当然ながら柔道整復師であるならば、技術の研鑽を一生続けるのは大切なことです。

しかし、目的が整骨院の開業であるならば、患者の役にもたたない技術は二の次です。

整骨院の開業に技術は必要ありません(『整骨院経営に技術は必要ありません。』)。

ここまで記してくればお気づきのことと思います。

整骨院のベストな開業時期とは、

整骨院を開業したいと思ったその瞬間

です。

その瞬間以外ありえません。

むしろ整骨院を開業することが一番の技術研鑽の方法で、もっとも早く技術を身に着ける方法です。

柔道整復師という国家資格は、整骨院を開業するためのパスポートにすぎません。

つまり、柔道整復師の資格を取得したのであれば、それがまさに開業の合図です。

技術は関係ありません。

お金も返済義務のない開業資金の調達方法があります(『整骨院経営者向け自己資金不要・返済不要の開業資金調達方法』)。

本当に開業したいなら言い訳はいりません。

方法はいくらでも存在します。

具体的な方法を知りたいという方は弊社までご相談ください。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

開業前の方は都合の良い場所を調整し、面談をする形をとります。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院店舗を事業売却(M&A)することに踏み切れないあなたに
整骨院店舗の事業売却(M&A)が柔道整復師の明るい未来を創る
1店舗当たり月商600万で自費治療が7割の整骨院グループ
これからの整骨院経営に必要なこと
整骨院経営は失敗を前提に考える
療養費委任払い制度が使いにくくなってきていませんか?

最新記事のチェックにフォローしよう