運営・経営

整骨院店舗の売上を伸ばす方法は2つしかありません。

整骨院店舗の売上を伸ばす方法は2つしかありません

店舗型のサービス業であれば、店舗の売上を伸ばす方法は2つしかありません。

整骨院も同様です。

それは、

一人当たりの単価を上げるか、来院数を増やすかのどちらか

しかありません。

最近では「歯科医師」が「自費治療」を増やしたり、「自費治療」のみで経営する人も増えてきています。

とはいうものの「歯科医師」でさえ「ワーキングプア」と言われるような人が出てくるほど厳しい業界になっているそうです。

整骨院業界も同様のことが発生しており、危ない業界になりつつあります。

そのため今後、「整骨院」を開業するのであれば、それなりの「戦略」と勝算がなければ難しいでしょう。

昔のように開いてみれば「患者」が来て売上がたつような時代はとうの昔に終焉しています。

ところが、そんな業界になっている整骨院でも上手くいっている整骨院が存在します。

むしろ、そんな整骨院に患者が集中するため、昔以上にうまく行っている整骨院は楽になっています。

それでは、そんな「整骨院」の特徴とはどのような「整骨院」なのでしょうか。

それは、

しっかりとした独自の技術を持って施術にあたっており、マーケティングが適切にできている整骨院

です。

ただ、この事実は現場で働いている先生であれば皆が分かっていることだと思います。

それにも関わらずできている整骨院が少ないことを考えれば、意味合いを捉え間違っていると考えるのが妥当でしょう。

現在の保険治療メインの整骨院に自費治療のメニューを導入してもなかなか上手くいきません。

かといって物販などで「自費」の売上を伸ばそうとしても簡単には売れません。

突然、完全自費型の治療院を開業しても集患が上手くいくことはありません。

では、どうすればいいのでしょうか。

そのヒントは

整骨院店舗を事業売却(M&A)すること

です。

具体的に知りたい方は弊社までご相談ください。

弊社のコンサルタントである大竹一彰は、柔道整復師の国家資格取得後3か月で整骨院を開業し、わずか2年で単店舗当たりの売上全国1%以内、1日平均来院数100人前後(施術者2名)にまで育て上げ3店舗の運営を行った後、事業売却(M&A)を行い複数の事業を立ち上げながら整骨院専門の経営コンサルタントとして活動しています。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

開業前の方は都合の良い場所を調整し、面談をする形をとります。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

運営・経営の関連記事

Contents Menu

「居抜き」での売却と「事業売却(M&A)」の違いをおさらいしましょう。
整骨院店舗を事業売却するという考え方/Kindle版【発売開始】
整骨院店舗の売上が箱の広さの限界まできたなら事業売却して粗利1億円ぐらい稼ぎましょう。
整骨院店舗を開業するなら多店舗展開より単店詰め込み型
整骨院経営におけるHPの表記方法の変更が急務です!
整骨院経営の個人事業主が売上を変えずに現金を手元に残す方法

最新記事のチェックにフォローしよう