運営・経営

整骨院を開業して成功させるために最も大切なこと

整骨院を開業して成功させるために最も大切なこと

「整骨院」や「鍼灸院」を開業して成功に導くために最も大切なことがあります。

それは

「度胸」

です。

「え、技術じゃないの?!」と思った人は、整骨院店舗を開業するという事実を勘違いしています(『整骨院経営に技術は必要ありません。』)。

自分が過去に経験したことのない金額を「投資」して開業することになるので、リスクをとって始めると勇気が必要になってきます。

そして、それを成功い導くためには、あらゆる挑戦をして患者を集患しなければなりません。

そしてその集患の方法には、意外と技術は関わってこないことに気づくはずです。

では、そんな「度胸」をつけるためにはどうすればいいのでしょうか。

「度胸」を創る方法は人それぞれなので参考にしてみてください。

以下のような自信の付け方があります。

・整骨院を行うための事務処理能力を高める
・誰もが認める絶対的な技術を身に着ける
・徹底的なマーケティングを行う
・劇的な効果を生むスタッフ教育を施す
・経営手腕を高める

そうなんです。

あくまで「技術」は整骨院経営における一要素に過ぎません。

立地によって技術的なことも変えていく必要がありますし、医療機器の選択や「レセプト代行業者」の選定によって変化があります。

初めてのことは誰しもが分からないので「不安」になります。

そんな不安を解消するためにある程度の「知識」と「経験」が必要です。

しかし私は、整骨院勤務歴は6ヶ月程で、後半の3ヶ月は、週に1度の勤務でした。

整骨院を開業するだけのスキルと方法がわかったため、他の仕事に変えてお金を貯めました。

そしてある程度たまった時点で銀行に融資をお願いに行き開業しました。

つまり、弊社までご相談頂ければ、整骨院を開業するために必要な知識や経験、情報に関してはどのような段階の「柔道整復師」であったとしても提案できることがあります。

とは言え「開業したい」という意思・度胸までは弊社ではどうすることもできません。

弊社の理念に共感し、開業し成功していきたいという「柔道整復師」の方はぜひ弊社までご相談ください。

弊社のコンサルタントである大竹一彰は、柔道整復師の国家資格取得後3か月で整骨院を開業し、わずか2年で単店舗当たりの売上全国1%以内、1日平均来院数100人前後(施術者2名)にまで育て上げ3店舗の運営を行った後、事業売却(M&A)を行い複数の事業を立ち上げながら整骨院専門の経営コンサルタントとして活動しています。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

開業前の方は都合の良い場所を調整し、面談をする形をとります。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

運営・経営の関連記事

Contents Menu

これからの整骨院経営は「小さく始めて高く売る」が成功の秘訣
整骨院店舗を売ったり買ったりできるって知ってますか?
不正が当たり前の整骨院業界で働きたい人間なんていない
整骨院を経営していくためのグレーゾーンの歩き方
整骨院店舗の事業売却(M&A)を「今」行わなければならない理由
整骨院業界は本当にやりたいことから遠ざかっていく

最新記事のチェックにフォローしよう