運営・経営

整骨院経営は開業から3か月以内に黒字化できる

整骨院経営は開業から3か月以内に黒字化できる

整骨院経営においては、開業後の3ヶ月以内に黒字化することがとても重要です。

一般的には6~12カ月分のランニングコストを確保しておかなければならないと言われる業界です。

その理由は、

保険請求による保険者からの入金が4~6ヶ月の支払いサイトがあるから

です。

つまり、

開業初月にたくさんの患者が来院したとしても、4~6カ月は窓口料金のみの現金収入に賄わなければならない

ということです。

そしてこれは、あくまで開業当初より患者が来院してくれた場合のハナシです。

当然ながらこの期間に来院患者数が伸びなかったらそれだけ現金収入もその後の保険請求額も小さくなります。

よって

開業後4~6カ月の間に窓口料金だけで、固定費用等を賄えるだけの現金収入を得る方法を考えなくてはいけない

ということになります。

目安としては、開業2ヶ月目に「窓口料金」のみで、1ヶ月の「経費」を相殺できるだけの経営を行うことができれば、確実に3ヶ月以内の黒字化してしまうことは可能です。

整骨院経営は売上が上がっても現金入金のタイミングがずれやすい事業です。

そのため、いかに早い段階で現金収入を増やしていけるかが整骨院経営のカギになってきます。

それでは、そのためにはどんなことをしていけばいいのでしょうか。

具体的な方法が思い浮かばない方は、弊社までご相談ください。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

弊社の強みは、整骨院経営を実際に行った経験があり、4年で累計7万人以上の施術を行い合計1億円の利益を作ることができたノウハウを惜しみなくご提供できることです。

もちろん、それだけではなく、「節税方法」などの数字の部分も含め、御社の雇用する「税理士」等ともやりとりし、御社にとって有益になるような情報もお届けしています。

整骨院経営は「治療家」という職人的な立ち位置でありながら、同時に経営者でもなくてはならないため、他の業種に比べ過酷です。

しかし、成功すれば、やりがいのあるとても必要とされる仕事でもあります。

この機会に一歩踏み出して見ませんか?

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院店舗は赤字でも事業売却(M&A)できるって知ってた?
整骨院店舗の売上が赤字なのに現金留保する方法を知っていますか?
整骨院は自己資金0でも開業できる。
整骨院を開業するなら柔道整復師が考えなければいけないこと
これからの整骨院業界は女性が開業したらチャンスをつかむ
整骨院店舗経営の節税方法を知っていますか? ~従業員賞与損金計上の活用~

最新記事のチェックにフォローしよう