運営・経営

整骨院店舗の廃業のやり方は3つと考えたことがありますか?

整骨院店舗の廃業のやり方は3つと考えたことがありますか?

整骨院店舗を何らかの理由があって廃業したいと思っている人は、ここ最近で増加してきているのではないでしょうか。

時代がそうさせているのかと思いますが、「整骨院経営.com」への「事業売却(M&A)」の相談が増えていることや、知人関係でも「売却」に関する話が多いことからそう推測しています。

皆が手段は何であれ、整骨院店舗を廃業したいと考えていることはひしひしと伝わってきます。

実際に「整骨院経営.com」でも整骨院店舗を「事業売却(M&A)」することをおススメしています。

とはいえ、そこで得た売却益をもとに、完全自費型の治療院の創業を進めているので、「柔道整復師」としての夢を諦めろと言っているわけではないことをご理解ください。

では、整骨院店舗を廃業する際の手段は何があるのでしょうか。

どうせ廃業するのであれば、最もメリットが大きい方法を取るにこしたことはありませんよね。

整骨院店舗を廃業するには3つの方法しかありません。

1.居抜き売却
2.事業売却(M&A)
3.夜逃げ(笑)

では、一つ一つ見ていきましょう。

>次のページ:整骨院店舗を居抜き売却で廃業する

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院店舗を事業売却するという考え方/Kindle版【発売開始】
初月から予約が止まらない整骨院経営の開業方法
整骨院店舗を居抜きで売却する時に大切なこと
整骨院経営コンサルタントの雇い方 ~コンサルタントとの違い~
整骨院店舗を事業売却(M&A)するメリット
整骨院店舗の従業員の所得を補償して人材確保を簡単にする方法

最新記事のチェックにフォローしよう