運営・経営

整骨院経営者が知らない給料の一部を賄える「助成金」があることを知っていますか?

整骨院経営者が知らない給料の一部を賄える「助成金」があることを知っていますか?

整骨院経営者の大半の方々が、あることを知らないだけで、とてももったいないことをしています。

それは

「助成金」

のことです。

整骨院経営者の大半の方々は誰かを「雇用」します。

しかし、その雇用形態は、

かなりの安月給で雇用することが定番化

してしまっています。

その結果、従業員は負担が大きいため辞めてしまい、または就職の時点で、大手の整骨院や雇用形態が比較的良いため病院の整形外科へと雇用が流れてしまっています。

これでは、「柔道整復師」の未来は明るいとは言えないでしょう。

整骨院の中には非常に優秀な技術をもった先生方もいらっしゃる中で、それらの技術は伝承されることなく廃れていってしまいます。

そんな状況を打開してくれる一つの方法が「助成金」です。

また中でも現在、整骨院の経営者に適した助成金は

「キャリアアップ助成金」

ではないでしょうか。

これは2016年に新設された助成金で、まだまだ知らない人もたくさんいらっしゃるのではないかと思います。

「キャリアアップ助成金」は、既存の従業員の、雇用を守りさらには従業員の確保にも繋がる素晴らしい制度です。

整骨院業界は今や、技術だけを教えたところで人は集まりません。

「昔は違うかった」という言い訳は効かない時代になっています。

「柔道整復師」の雇用の選択の幅が広がっている今、雇用体系が整っていないと従業員は集まりません。

そのため、雇用を考えるのであれば、

雇用体系が第一で、尚且つ技術も学べ、開業につながるような雇用の形

を取らなければ、スタッフがあなたの元で働くことはないでしょう。

きっと他の整骨院や整形外科に移っていきます。

雇用時にも助成金が使える場合も多々有ります。

詳しくは「社会保険労務士」の先生に確認していただければすぐに分かることです。

複数店舗の整骨院を経営されている経営者は間違いなく「助成金」を活用しています。

ただでさえ経営的に安定しない零細企業が「助成金」も使用していないのでは太刀打ちできません。

1店舗のみを経営している先生であっても使えるものなので、ぜひご活用ください。

また、様々なテクニックを使う方法も有りますが、それは各整骨院の状況を聞いた上でカスタマイズしていかないといけないことなので、詳しく聞きたい方は弊社LINEアカウントまでご連絡ください。

一つでも多くの整骨院が、一人でも多くの経営者が、一人でも多くのスタッフが楽しく喜んで仕事ができるような整骨院業界になれるように願っています。

適せに経営を行えば、不正などせずに、クリーンな経営で繁栄させていく方法があります。

妥協せずにやっていきましょう!

これからもこういった整骨院経営における貴重な情報を配信していきますので、見逃すことなく情報を得たいかたは弊社LINEアカウントとお友だち登録しておいてください。

すごい情報がありますよ。

と、ここまでは通常の整骨院経営で行えば良いことですが、これらの助成金などを活用し、ある程度の利益を確定させたあとは、「事業売却(M&A)」を行って、「完全自費型の治療院」を創りあげることをおススメします。

そうすれば、単価が固定された保険内での治療から高単価の業態に切替え、尚且つ個性的な整骨院をつくれば雇用問題からも解決されてしまうでしょう。

どんな条件であっても、あなたの元で学びたい・・・と思えるような治療院を創り上げれば雇用問題からおさらばできるでしょう。

>次のページ:整骨院経営の大半の悩みを解決する事業売却(M&A)

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院を開業するのにベストなタイミングとは
整骨院経営を40年間続けていく自信はありますか?
整骨院店舗を事業売却(M&A)するタイミングは今しかない
整骨院店舗を居抜きで売却するよりも事業売却(M&A)した方が良い理由
整骨院店舗を開業したら最も早くやらなければいけいないこと
女性柔道整復師は整骨院の経営に向いている

最新記事のチェックにフォローしよう