運営・経営

これからの整骨院業界は大手企業が牛耳る時代に

これからの整骨院経営は大手企業が牛耳る時代に

これからの整骨院業界は大手企業が牛耳っていく業界になります。

それには幾つかの理由があります。

整骨院業界は、なくなってしまうと社会的に困るが、国の診療報酬によって経営が成り立つものなので、薄利多売になることをベースとした業界です。

そのため資本力がない個人や企業が行うと、雇用する基準を満たす事が難しくなります(雇用保険や社会保険、厚生年金など)。

会社組織として行っている整骨院系の会社でさえ、「厚生年金」や「社会保険」を採用しているところはごく少ないのが現状です。

とは言え、時代が進めば進むほど、雇用環境を望む人は増えていきます。

これからの整骨院業界は、社員の雇用をしっかりと確保し、複数店舗を運営し、1店舗あたりの利益が薄利だったとしても、運営し続けられることが求められるようになっていきます。

つまり大手企業に限定されてくるということです。

これは整骨院業界に関わらず、どのような業界でも進んでいく流れで、中でも整骨院は国の「医療費」や「療養費」をベースにしている業界なので、国の移行にタイミングが大きく左右されます。

そのタイミングがまさに迫てきているのは、誰しもが感じていることではないでしょうか。

そして、大手企業が整骨院業界に乗り込んでくる方法は、自ら整骨院を一から作るようなことはしません。

間違いなく、事業売却(M&A)を行います。

まさに水面下では着々と行われています。

>次のページ:これからの整骨院経営の生き残り方

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院経営で保険が使えなくなる日
【事業売却/開業支援/売上向上】整骨院店舗の経営コンサルティングなら「整骨院経営.com」まで
整骨院を初期費用0円で開業する方法の問合せ殺到中
整骨院経営の本質は現金の有無
柔道整復師の大半は技術を無駄使いする
整骨院の経営を辞めて5年間で資産20億円を創った男の話

最新記事のチェックにフォローしよう