運営・経営

マッサージ整骨院が増え続ける理由

マッサージ整骨院が増え続ける

「整骨院業界」では、「マッサージ整骨院」と言っても過言ではない整骨院が大量に増えています。

患者様の中には、整骨院を「保険を利用できるマッサージ屋さん」という認識が大半になってきています。

整骨院でマッサージに近い施術を行うことは、厳密に考えると「グレー」というかほとんど「ブラック」に近い施術が大半ではないでしょうか。

整骨院は「柔道整復師」にしか開業権はありません。

専門学校のカリキュラムでは、「マッサージ」の勉強は一切行いません。

ところが、多くの整骨院では「マッサージ」を行っています。。

巷には「リラクセーション」や、「リフレクソロジー」、「整骨院」、「接骨院」という看板を掲げていても、「マッサージ」を行っているのが大半です。

しかし、「マッサージ」とは「マッサージ師」という「国家資格保持者」しか行うことができない施術行為です。

「マッサージ師」は「マッサージ」の勉強を国家資格取得のためのプログラムから学習します。

しかし、「リラクセーション」、「リフレクソロジー」施設などで働く方々の大半は無資格者です。

整骨院に勤務する「柔道整復師」も、「マッサージ師」ではないので厳密に言えば無資格者です。

>次のページ:マッサージ整骨院が増え続ける理由

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院経営は今までと同じ経営を続けていれば潰れます。
整骨院開業者向け ~稼ぐ整骨院と稼げない整骨院を分けるもの
整骨院の治療にリコールはなんて存在しない
整骨院店舗の売上が箱の広さの限界まできたなら事業売却して粗利1億円ぐらい稼ぎましょう。
整骨院業界の二極化は進む一方です。
マッサージはマッサージ師のお仕事ですよ。 ~本来の治療家の在り方~

最新記事のチェックにフォローしよう