運営・経営

整骨院店舗の売上を何もしないで2倍にする方法 ~保険支払いの仕組みを利用~

整骨院店舗の売上を何もしないで2倍にする方法

さて、保険が使える整骨院で、次の店舗展開を考えているオーナーさんには必見の情報です。

新規出店コストは借り入れから捻出したものの、どうしても運転資金が捻出できずに、立ち上げを躊躇されているオーナーさんにとっては最高の情報です。

それは、保険請求代行業者にある面白い仕組みを利用するのです。

その会社さんの商品で

「立替え払い制度」

という保険請求のキャッシュフローを良くしてくれる商品があります。

立替払い制度を利用した新店舗を運転資金なしで開業する方法

現在、通常の保険請求の形で収入を得ている場合あれば、4ヶ月程度の支払サイトの遅れが出ているはずです。

この「立替え払い制度」とはこの支払サイトの瞬間を活用して一時的にキャッシュを増加させることができます。

この「立替え払い制度」を利用すると、当月施述分の翌月の入金が可能となります。

さらに現在4カ月先までの支払いがたまっている分も入金されてくることになります。

つまり平均して3か月間は2倍ぐらいの売り上げが入ってくることになります。

この3ヶ月を新店舗の運転資金に当てると余計なキャッシュアウトをしなくても運営することができます。

新店舗をだすぐらいのあなたであれば、3か月もあれば単月黒字化することはそこまで難しいことではないでしょう。

細かな部分はそれぞれの院の方針や、方向によってやり方は様々かと思いますが、この「立替え払い制度」はとてもメリットある選択だと思います。

さらにこの会社は「立替え払い」の遅れがないことで、とても信頼されている会社なんですよね。

同じ制度をおこなってもうまくいかない会社、入金遅れの発生する会社などある中、この会社は信頼できる唯一の会社だと思います。

単純に新店舗を出すことを考えていなかったとしても、目先のキャッシュフローを安定させることにもつながるので導入の検討をおススメいたします。

詳しい内容を知りたい方は弊社LINEアカウントまでご連絡ください。

運営・経営の関連記事

Contents Menu

稼げる整骨院店舗と稼げない整骨院店舗の違いとは
整骨院店舗を事業売却(M&A)するメリット
女性の柔道整復師だからできる整骨院経営のカタチ
整骨院店舗を繁栄させてくれる本物のリピートとは
整骨院経営者がなぜ資金ショートに陥りやすいのか
整骨院店舗を事業売却(M&A)するという考えを持ったことがありますか?

最新記事のチェックにフォローしよう