運営・経営

あなたは「マッサージャー」になりたくて整骨院で働いているのですか? ~脱マッサージャー宣言~

整骨院あるある

突然ですが質問です。

あなたはマッサージャーになりたくて整骨院で働いているのですか?

これは、笑えない整骨院あるあるなんですが、

「マッサージャー」になってしまう治療家が続出する

というのがあります。

患者側からも「整骨院て保険が効くマッサージでしょ?」と言われてしまうこともあります。

これほど屈辱はないですよね(笑)

約500万円、3年間のカリキュラムをこなし、あの膨大な問題数の国家試験にチャレンジし合格したのにも拘わらず、開業して言われる一言が、

 「保険の効くリラクゼーションサロンだよね?」

と言われてしまっては全くの存在価値もなくなったかのような悲しい現実ですよね。

しかも、さらに悲しいのがそのことを甘んじて受け入れている・・・というか助長している人もいるという現実です。

マッサージは、マッサージで国家資格があり、マッサージ師しかできないことになっております。

そのため、マッサージの領域はマッサージ師に任せておけば一番いいと思うのです。

柔道整復師が目指すべきもの

では、整骨院で働く治療家、柔道整復師が目指すべきものとはなんなのでしょうか。

柔道整復師は、外傷のスペシャリストであるべきです。

マッサージではなく、

手技を使ってどんな薬や、電気機械よりも効果が高い治療方法を確立して患者に施術すること

が望ましいのではないでしょうか。

慰安目的のマッサージで運営していることほど悲しい整骨院の現実はありません。

もっと自分を大切にして、自分がしてきた道のりを尊重しましょう。

柔道整復師という国家資格に誇りを持って整骨院業務をこなして欲しいと思います。

そして、「保険のきくリラクゼーションサロン」「保険のきくマッサージ屋さん」という一般の方々の認識を180度ひっくり返していけるような努力をしていきましょう。

まだまだ我々柔道整復師の力が足りないばかりに一般の方々に、「保険がきくマッサージ屋さん」と思われてしまうことが私は悔しいです。

これからはちゃんとした整骨院経営を目指し、実際に行っていかなければ、しっかりした手業をもった治療家というのが存続しなくなっていきます。

すでにそうなりつつあると思いますが、マインドシフトを早くして現状から脱出できるように頑張りましょう。

今こそ「マッサージャー」からの脱退宣言をしましょう!

そのためのサポートは惜しみませんので、どしどし弊社LINEアカウントまでメッセージをくださいね!

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院業界の飽和状態に気づいても何もしない最後は・・・ ~事業売却(M&A)は今がチャンス~
整骨院の経営が苦しいなら事業売却(M&A)して1億円稼ぎませんか?
整骨院店舗を自己資金0で開業する方法 ~資金調達できる人の条件~
事業は始め方も大切だが辞め方の方がもっと大切
整骨院経営を本気で続けたければ手書きDMをうて!
整骨院は自己資金0でも開業できる。

最新記事のチェックにフォローしよう