運営・経営

女性の柔道整復師だからできる整骨院経営のカタチ

女性の柔道整復師だからできる整骨院経営のカタチ

現在、整骨院業界は低迷の時期を迎えています(『これからの整骨院業界は大手企業が牛耳る時代に ~これからの整骨院業界の渡り方~』)。

さらに、これからさらなる苦境に立たされることは間違いありません(『これからの整骨院業界の5年後を予測する』)。

しかし、そんな中でもビジネスチャンスは残っています。

そんな一つの方法について本日は記していきたいと思います。

そんな方法とは、

女性の柔道整復師がある分野の専門的な整骨院を開業すること

です。

整骨院業界は女性の柔道整復師からすれば、まだまだたくさんのビジネスチャンスが残っています(『これからの整骨院業界は女性が開業したらチャンスをつかむ』)。

では、ある分野とはどの分野なのでしょうか。

それは、

女性向けの「顎関節脱臼」、「肋骨骨折」、あるいは「股関節」の外傷を専門とした整骨院

です。

まさにこれらは、女性特有の問題で、女性にしか本当の気持ちの部分を理解できないことがポイントです。

女性が男性に対して、「半開きの口」や「よだれが垂れる口」を見せることに抵抗があるのは当たり前です。

さらに「胸部」を露出することに抵抗があるのは言うまでもありません。

股関節周辺をさわられたり、広げられたりすることはさらなる抵抗があります。

残念なことにわいせつ行為で逮捕されるような施術者が出てきてしまっている業界です(『整骨院経営者がわいせつ行為で逮捕されるのが後を絶ちません。』)。

そのため、抵抗のある女性が増えていることは仕方がないと言えますが、そんな抵抗のある状態では治療どころではありません。

>次のページ:女性柔道整復師が経営する整骨院は世の中から求められている

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院経営には「技術」よりも「まず集患」 ~整骨院経営のシビアな話~
整骨院経営を40年間続けていく自信はありますか?
整骨院経営者は技術がある人ほどマーケティングが必要
高額な電気療法の機械を買うなら事業売却して粗利1億円ぐらい稼ぎましょう。
これからの整骨院経営は 業界が縮小することを大前提で考える。
整骨院経営者向け返済不要の開業資金調達方法

最新記事のチェックにフォローしよう