お悩み相談

整骨院経営を売却するメリット

整骨院経営を売却する

整骨院を売却したい経営者が増え続けています。

とくにここ半年の間に激増している印象を受けます。

しかし、その中身を見れば、ほとんどが不良品で、売却と言えば聞こえは良いですが、叩き売りしかできなものばかりです。

整骨院経営でいう欠陥品とは、

従業員がいなくなり一人だけで経営するはめになった整骨院や、赤字が続いている整骨院

のことです。

そもそもが、自分自身でもいらないようなものを買ってもらおうという意図の整骨院経営の売却です。

人がいらないものを欲しいと思う人は世界でも少数です。

ましてや整骨院経営ともなると、勝った瞬間にお荷物になる可能性さえある商品です。

仮にあったとしても単なる無知か、よほどの商才がある人なので買い叩かれます。

しかし、それでも整骨院経営.comでは整骨院経営の売却をおススメしています。

それは、同じ「売却」といっても「売却」の方法が異なる上、売った側も買った側も得をするような「売却」のことを言っているからです。

その売却とは、

事業売却(M&A)

です。

>次のページ:整骨院経営を事業売却(M&A)するメリット

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

整骨院店舗の自転車操業の経営から抜け出す方法を知りたくないですか?
本気で整骨院経営を続けたければファンをつくれ
第10回柔道整復療養費検討専門委員会に関して整骨院経営.comが思うこと
整骨院経営者が従業員の顔色を気にし始めたら事業売却(M&A)
整骨院経営の数字を税理士に任せると潰れます。
整骨院を生活のために経営するのは辞めにしませんか?

最新記事のチェックにフォローしよう