お悩み相談

整骨院の経営を続けたければ現金の重要性に気づくこと

整骨院の経営を続けたければ現金の重要性に気づくこと

整骨院の経営が特殊なものとして取り上げられることがよくあります。

それは、

整骨院経営者は経営者であると同時に技術者であるから

というものが大きな原因であるようです。

しかし、どんな事業体の経営であったとしても、経営を続けていく上で根本的に変わらない事実が存在しています。

それは、

どんなに店舗展開ができても、どんなに大きな事業を作っても、どんなに大きな組織を作っても、現金がなくなれば経営が終わってしまう

という事実です。

経営は至ってシンプルなものです。

世の中に存在する企業の8割以上は、借り入れを行うことで運営が成り立っています。

そしてその約半分は債務超過の状態の企業です。

なぜこんなにも、借り入れのある会社が多いのか考えたことがあるでしょうか。

それは、社会を動かしているある仕組みが原因になっています。

その仕組みを知れば、いかに経営に現金が大切で、この言葉の本質を理解していない人が多いことに気づくでしょう。

>次のページ:社会の仕組みを知れば現金の本質が見えてくる

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

整骨院経営の課題は「薄利多売」を辞められるか
今のまま整骨院経営を40年間続ける自信がありますか?
通常の整骨院経営なのに当月分の保険報酬を当月中にもらう方法
整骨院がやっている不正請求のやり方一覧
整骨院店舗を事業売却(M&A)することに踏み切れない方へ
柔道整復師としてのプライド無き者は去れ

最新記事のチェックにフォローしよう