運営・経営

整骨院経営で独自ノウハウを確立した人は事業売却してるって知ってた?

整骨院経営で独自ノウハウを確立した人は事業売却してるって知ってた?

整骨院を実際に経営していながらも特殊な治療方法などを確立する人がいます。

そんな技術を確立した人は大半の方が整骨院事業を売却(M&A)しています。

それは、通常の整骨院経営よりも、世の中で痛みなどに苦しんでいる人たちを救うことができると気づいたからです。

さらに言えば、経営的側面から見ても、事業売却(M&A)をすることの利点が大きいためです。

通常の整骨院経営では、直接患者に接して治療する人がいなければ成り立たない職業です。

これはある意味、目の前の人しか変えられないということも同時に言えます。

整骨院を売却した上で、「オリジナルノウハウ」をパッケージ化し販売していく方が、多くの患者様を救うことができます。

また、店舗展開している先生方のストレスの解消や、「目的」、「夢」の実現を加速することもできます。

あらゆる面から考えて、現在の治療がオリジナリティーある治療法であるならば、それはパッケージング化するべきだと思います。

また、今は治療にオリジナリティーはないけれど、患者は比較的多く来る方だという「柔道整復師」であれば、施術ノウハウを商品化するべきです。

よほど現場に生きがいを感じていないのであれば、できるだけ多くの先生にこの道を歩んで頂きたいと思っています。

整骨院の先生方はいわゆる職人と呼んでも過言ではありません。

「己の手」で患者様に施術を施し、症状を改善していくトップレベルの国家資格者です。

その施術技術に特化し続けてもらえれば、「ノウハウ化」、「パッケージング化」、「店舗の事業売却」、「販売」までの一連の流れを「整骨院経営.com」にお任せください。

今よりも売上が伸びることは間違いないでしょう。

売上が伸びたら、「事業売却(M&A)」により得た「売却益」によって、完全自費型の治療院を完全予約制で作りましょう。

そこでは、ゆっくり丁寧に、一人一人に対して施術する時間を増やし、当初から描いていた治療院の形を目指しましょう。

当初から持っていた「夢」と「目標」を叶えつつ、またその技術を全国中に伝えていく伝道師となり、体の不調で悩んでいるたくさんの方々を救っていってほしいと思います。

拠点には全国から患者が訪れ、伝道師として全国をかけめぐる人生は如何でしょうか?

苦労してつかんだ「柔道整復師」の道なのですから、大きな夢をもって生きてみませんか?

そのためのサポートは惜しみませんので、ご興味のある方は弊社のLINEアカウントまでご連絡ください。

整骨院経営の大半の悩みを解決する事業売却(M&A)

なかなか、整骨院の事業売却(M&A)といっても業界的に馴染みが薄いため、抵抗があるかもしれません。

しかし、整骨院業界の現状と未来について気づき始めている先生方は、次々と事業売却(M&A)によって経営転換をしていっています。

事業売却(M&A)を行って、キャッシュを得た後、新たな自分にあった整骨院を経営しましょう。

そのために必要なスキームはM&Aから新規出店の流れまでご相談に乗れますので、具体的な計画をたてたい方は弊社LINEアカウントまでご連絡ください。

もし開業前であったなら、5年間で粗利1億円を稼ぎ出す方法さえもあります(「10坪4床5年間で粗利1億円を稼ぐ整骨院の作り方」)。

もし開業する前や、開業後まだ日が浅くて悩んでいることがあったら、弊社LINEアカウントまでご相談ください。

開業支援のコンサルティングも提供しております(相談は無料)。

事業売却(M&A)は整骨院業界にはまだまだ馴染みのない経営手法かもしれませんが、業界の状況などに気づいた整骨院オーナーの方々は次々と事業売却(M&A)を進めています。

その後は、その数千万のキャッシュをもって新たな整骨院を開業したり、別の事業へと進出しています。

しっかりとしたキャッシュを得た上で、自分のやりたいことへチャレンジすることができます。

今すぐ事業売却(M&A)への道を検討してみてください。

新規出店時から、赤字店舗の立て直し、事業売却の支援まで一貫してコンサルティング致しますので、整骨院経営に関わるすべてをご相談ください(弊社LINEアカウントまで)。

整骨院業界の事業売却(M&A)の流れはとまらない?!

整骨院店舗における事業売却(M&A)は頻繁に行われていることです。

しかし、数十店舗規模のものが多く、馴染みがないのでしょう。

今後は整骨院は居抜き売却ではなく、大手へ事業売却をしていく時代に変わってきます。

整骨院の雇用制度などの実際を考えていくと現在の構図には無理があります。

それらを解消する為にも、資金力のある企業に経営を委ねるという方向性は加速してきます。

保険治療から自費治療のメニューに業界が変わっていくことも「柔道整復師」の本質を考えれば、当然の流れだと言えます。

しかし、その変化のために、現状をベースとした整骨院から移行していくという考え方は適切ではありません。

一度、保険治療の整骨院は事業売却した上で、自分自身の思い描く、完全自費治療型の治療院を開業するというのが最も適切な方法です。

それなりの売上を健全に行っている整骨院であれば1.000~3.000万円/店舗ぐらいのキャッシュと無限の可能性が得られます。

整骨院のM&Aについて詳しく知りたい方は弊社LINEアカウントまでご連絡ください。

運営・経営の関連記事

Contents Menu

柔道整復師にあった良心はどこにいったのか・・・
これからの整骨院経営は 業界が縮小することを大前提で考える。
長期的に利益を出し続けるために整骨院経営者に必要な考え方
スタッフ教育にお困りではないですか? ~スタッフを育てて事業売却(M&A)しよう~
女性の柔道整復師だからできる整骨院経営のカタチ
雇用問題で悩んだら事業売却(M&A)をして1億円ぐらい稼ぎましょう。

最新記事のチェックにフォローしよう