運営・経営

整骨院経営者がなぜ資金ショートに陥りやすいのか

整骨院経営者がなぜ資金ショートに陥りやすいのか

整骨院経営者が犯してしまいやすい経営上の失敗があります。

それは、

経費と税金のバランスを誤り資金繰りがショートしてしまうこと

です。

これは、整骨院業界だけでなく、店舗型で現金収入で毎月ある程度の売上が見込めるような経営形態に陥りやすい失敗です。

常に定期的な収入から税金の支払い分を毎月行っている方であれば問題ないのですが、大半の方は翌年の売上から支払う経営者が多いため、極度の右肩上がりな経営でない限り現金がショートしてしまいます。

ここに従業員を雇用していようものならさらなる追い打ちを食らうことになります。

では、そんな資金ショートしないためにはどうすればいいのでしょうか。

当たり前のことですが、

留保する現金と税金支払いのバランスを考えて、税金を支払っても現金が残る状態で経営する

ということ以外ありません。

これは意識の問題です。

そのために、税理士をはじめとした専門家に相談する必要があります。

最大の節税方法が経費でお金を使うことだと思ってはいけません。

整骨院には報酬として療養費の委任払いのサイトが、数ヶ月遅れて支払われることもあるため、その他の業界に比べたら資金ショートへの罠が多いのかもしれません。

しかし、整骨院を開業したら、その瞬間から経営者です。

現金の流動性を常に意識して、日々の営業を行わなければいけません。

自ら施術している人であれば、通常の会社経営者よりも、技術面を考えなければいけないため、人一倍労力がかかってしまいますが、可能な限りストレスがかからない状態を創ることが最も大切です。

会社の資金繰りについて何が適正か分からない人は弊社までご相談ください。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

開業前の方は、打合せ場所を確定の上、面談させて頂きます。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院を売却するなら手放したくない店舗から売るのが鉄則
費用対効果が悪い整骨院業界からの脱出方法
整骨院店舗の開業を意味あるものにするために必要なこと
これからの整骨院経営に必要なこと
整骨院店舗経営の節税方法を知っていますか? ~小規模企業共済の活用~
整骨院経営者は技術がある人ほどマーケティングが必要

最新記事のチェックにフォローしよう