運営・経営

女性の柔道整復師だから開業できる整骨院経営

女性の柔道整復師だからできる整骨院経営

女性だからといって整骨院店舗を開業することを諦めたりしていませんか?

むしろ、

これからの時代を考えれば、 女性の柔道整復師の開業はビジネス的に見てもメリットがたくさんある

ということにお気づきでしょうか。

柔道整復師として男性にはできないこと、患者が男性には打ち明けられなかった悩みを聞くことができるため、女性の柔道整復師は重宝される時代を迎えています。

具体的に言えば、

・肋骨の骨折
・顎関節脱臼

などが上げられるでしょう。

女性はくしゃみをするだけで「肋骨」にヒビが入るといった骨折をしてしまうケースがあります。

男性は知ってはいても気持ちを理解できることはありません。

そんな時に女性が診察してくれるような整骨院があれば、女性患者からすれば大助かりでしょう。

また「顎関節脱臼」も、口が半開きになり、よだれがでてしまう姿を男性に診れらるのはいくら医療従事者とは言え恥ずかしいのが女心でしょう。

胸部や顔付近、股関節周りの怪我は、女性の患者であれば男性よりも女性の柔道整復師を求める傾向にあるでしょう。

総じて言ってしまえば、どんな身体の悩みであれ女性患者であれば女性の柔道整復師に診てもらいたいという人の方が多いことに間違いはありません。

「患者」のニーズの割に、女性柔道整復師を前面に押し出した整骨院が少ないことを考えれば、今後面白くなる業態であることは間違いありません。

これからの日本の経済状況を考えれば男性だけに頼って生活していくのは容易なことではありません。

社会経済のことを考えても、女性一人で生活していけるだけの生活基盤を整えておくことも重要です。

ただし、女性であれば育休など子育てに関する問題も付きまとってくると思います。

そんな時には若いうちに開業してしまい、ある方法を用いれば5年間で粗利1億円程稼ぎ、自分の時間はしっかり確保した上で柔道整復師として誇りある仕事の形を実現することができます(『整骨院店舗の事業売却(M&A)が柔道整復師の未来を救う』)。

具体的な方法を知りたい方は弊社までご相談ください。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

 

運営・経営の関連記事

Contents Menu

自費治療型整骨院を開業する方法
不正が当たり前の整骨院業界で働きたい人間なんていない
これからの整骨院経営の理想形
整骨院店舗経営者に贈る~季節の変わり目に訪れる減患への対処法~
整骨院経営に休日など作っている暇はない
1店舗当たり月商600万で自費治療が7割の整骨院グループ

最新記事のチェックにフォローしよう