運営・経営

柔道整復師にあった良心はどこにいったのか・・・

柔道整復師にあった良心はどこにいったのか・・・

整骨院経営を始めた時に「柔道整復師」が一番にぶち当たる壁があります。

これは大半の方は初めの内には心苦しい思いをしていたはずのことです。

しかし、数年続けてしまえばいつのまにか当たり前になり、いつしかなんとも思わなくなってしまいます。

その正体とは、

不正請求・不正申請

です。

整骨院業界に関わる大半の人は、「誰かの役に立ちたい」、「人のためになりたい」、「スポーツ選手を救いたい」という思いから「柔道整復師」や「鍼灸師」の資格を取得します。

「整骨院」や「整形外科」で勤務し、技術の習得や経営の方法を勉強します。

開業資金の工面も終わり、いつでも開業ができる準備が整います。

しかし、開業すれば知らなかったことがたくさん出てきます。

それらをクリアしていくことこそが経営で、それらの問題を最も簡単に解決してしまうものこそが「不正」です。

もし「良心」が少しでも残っているのであれば、現状の「不正」に対して行き辛さを感じているでしょう。

皆がやっているからやってもいいなんてルールは存在しません。

初めての開業は、事業自体が軌道に乗るまでは恐怖との闘いです。

「整骨院」や「接骨院」は、「骨折」、「脱臼」、「捻挫」といった「外傷」の「応急処置」を行う場所です。

「肩こり」、「腰痛」といった医学的に「慢性疾患」と定義される疾患に対しては「保険」を適応した施術を行うことができません。

そんなことは「柔道整復師」であれば全員が知っています。

しかし、「整骨院」を開業すればすぐに気づきます。

「整骨院」に来院する患者の悩みが「慢性疾患」の患者ばかりであることを。

さて、あなたならこの患者を断ることができるでしょうか。

もしくは「保険外の治療」として説明することができるでしょうか。

「不正」をせずに、「保険内での治療」と「自費治療」だけで初めての経営を軌道に乗せるのは大変難しい業界です。

しかし、「肩こり」はどう請求しますか?

「慢性腰痛」はどう処理しますか?

おそらく請求の項目が見当たらないと思ったのはあなた一人ではないと思います。

もしあなたに良心があれば、違和感を覚えるはずです。

それが正常だと私は思っています。

ではどうすれば良いのでしょうか。

答えは簡単です。

それは、

本当の技術だけで勝負する治療院を作る

という方法です。

つまり、「完全自費型の治療院」です。

こういった業態が今後はたくさん増えてきます。

「整骨院」や「マッサージ屋さん」は飽和状態ですが、本物の自費治療所はごくわずかです。

とは言え、何もない所から「完全自費型の治療院」を創っても集患なんてできません。

ましてや「柔道整復師」になりたての若手であれば大した技術も持っていません。

ではどうするか。

その方法とは、

保険治療メインの整骨院をある程度はやらせて、その後に事業売却(M&A)を行う

という方法です。

保険治療メインの整骨院であっても、多少の利益を出すような繁盛店にすることは簡単です。

そして創り上げた整骨院を事業売却(M&A)することで、まとまった現金を手に入れることができます。

また通常の整骨院を経営することで技術を取得する時間も得ることができます。

そんな方法が現実にあります。

具体的に知りたい方は弊社までご相談ください。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

 

 

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院で働く柔道整復師の気持ちが分からなくて悩んでいる経営者へ
某プロ野球球団でトレーナーとして働いていた人が経営する整骨院のハナシ
一生5分以内施術を続けられますか? ~施術は5分以内でやることが鉄則~
これからの整骨院店舗を経営していくために必要な考え方
整骨院経営に必要なことは「足し算」と「引き算」
整骨院を事業売却(M&A)した時の雇用問題に関して

最新記事のチェックにフォローしよう