運営・経営

整骨院経営の事業売却(M&A)の相談は業者ではなく経験者にしましょう

整骨院経営の大半の悩みを解決する事業売却(M&A)

「事業売却(M&A)」を行えば、整骨院店舗が抱える大半の悩みを解決してしまいます。

雇用問題に懸念を抱かれる方も多いのですが、基本的に「売却先」になる企業はあなたより大手の企業であることが大半です。

また「事業売却(M&A)」の交渉時に、スタッフの雇用環境の改善を依頼することも可能です。

すると、現金な話ですが、スタッフの心は、「売却先」へと傾いていってしまうものです(笑)

当然、スタッフからすれば「雇用」が「安定」に向かうため断る理由が特にありません。

そのため、現在の整骨院のオーナーであるあなたは、「事業売却(M&A)」によって得た売却益で、新たな整骨院・治療院をつくりましょう。

その他の解決できる悩みについてはこちらをご確認ください(『整骨院経営の悩みを事業売却(M&A)が解決する』)。

また、経営されている整骨院店舗が「事業売却(M&A)」できる状態にあるかどうかは、こちらの記事でご確認ください(『整骨院を事業売却(M&A)するために必要な4つのこと』)。

>次のページ:整骨院店舗を「事業売却(M&A)」したいが詳細が分からない人におススメ

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院店舗経営の節税方法まとめ
「10坪4床5年間で粗利1億円を稼ぐ整骨院の作り方」 /Kindle版 発売開始
整骨院経営を個人事業主で行うことはリスクが高い
整骨院経営において自費治療で売上をたてるために必要なこと
整骨院経営の広告規制が変わったことにお気づきですか?
整骨院業界が忘れてしまっている不正による悪影響

最新記事のチェックにフォローしよう