お悩み相談

整骨院経営に保険治療は必要ない

整骨院経営に保険治療は必要ない

整骨院経営をこれから開業する方に断言しておくことがあります。

それは、

これからの整骨院経営には柔道整復師の特権ともいえる保険を使った施術をしないことが成功の秘訣

だということです。

こんなことは間違っても学校では教えてもらうことはないでしょう。

理由を簡潔に言えば、今までの整骨院経営のビジネスモデルは薄利多売な業界になってしまっているからです(『整骨院経営の課題は「薄利多売」を辞められるか』)。

整骨院経営は、少ない利益を沢山の人数を補うことで経営を成り立たせています。

ところがここ数十年の間に、整形外科が登場した上、整骨院は乱立し、柔道整復師は大量に増え、それに加えてリラクセーションやエステ、ボディメイキング系のサロン等も乱立しています。

その結果、

整骨院経営の肝である「大量の人数を施術し利益を積み重ねて行くこと」ができない状況が生み出されている

ことが現状です。

さらにネットや交通手段の発達によって人気の整骨院へと患者が一極集中するような状態さえ出来上がっています。

薄利多売が薄利少売の状況になっています。

薄利少売で成り立つビジネスなんて存在しません。

では薄利少売のビジネスから抜け出すためにはどうすればいいでしょうか。

答えはシンプルで

保険治療をあきらめること

です。

保険治療にしがみつけばしがみつくほど、費用対効果の悪くなってしまった整骨院経営から抜け出すことはできません。

>次のページ:経営が成り立たなくなる前にやらなければ無意味です。

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

柔道整復師・鍼灸師の「優良」な整骨院・鍼灸院の見つけ方
整骨院店舗を売却したい人が極端に増えてきています
整骨院業界で騒がれるあのこと・・・ ~整骨院業界の「不正請求」への解決法~
柔道整復師が整骨院勤務よりも整形外科を選ぶ理由
整骨院経営を事業売却(M&A)できない人が考えること
整骨院を事業売却(M&A)するために必要な4つのこと

最新記事のチェックにフォローしよう