お悩み相談

整骨院経営の肝

整骨院経営の肝

整骨院経営には肝があります。

というより、整骨院経営だけでなく会社経営全般に言えることです。

それは、

会社経営において一般的に正しいと言われることをやっていれば経営が厳しい状況になることは少ない

ということです。

一般的に正しいこととは、

確定申告や決算後の税金支払のためにお金を期中にストックしているか

ということです。

意外に当たり前のことかもしれませんが、潰れてしまう整骨院の多くは税金で行き詰ります。

仮に税金の支払いが1期ずれると、前期の税金を今期の売上で支払うことになります。

すると、現金のキャッシュアウトが起きているのに、売上をあげても、その金額にも課税対象額が生じ、毎年のキャッシュフローが厳しくなります。

当たり前のことかもしれませんが、このキャッシュフローが上手くいかない会社は仮に売上をあげていても上手くいきません。

借金をしていないのに、借金状態に陥ります。

俗にいう黒字倒産の典型です。

売上が十分あるのに、キャッシュが回らずに会社運営ができなくて倒産するパターンです。

会社経営は法人税率を考えていれば、現在の利益に対して、使用可能な金額が算出できます。

支出は使用可能な範囲で収め、残りはストックしておくことができれば、税金の支払い後にマイナスになることはあり得ません。

意外にも意外、税金の支払いを適切に考えている会社が生き残っていく会社の特徴です。

税金を支払うことができずに税金分を借り入れるという会社も存在するほどです。

長く会社経営をするのであれば、当たり前かもしれませんが、儲かっても豪遊せず貯めておくことをお勧めいたします。

現状で売上と利益は十分確保できているのに税金の支払いで困っている方がいらっしゃったらご相談ください。

状況次第では大きなキャッシュを得た上で税金を完済し、次の大きなステップを踏み出す方法をお伝えできるかもしれません。

そんな方法が知りたい方は弊社までお問合せください。

弊社のコンサルタントである大竹一彰は、柔道整復師の国家資格取得後3か月で整骨院を開業し、わずか2年で単店舗当たりの売上全国1%以内、1日平均来院数100人前後(施術者2名)にまで育て上げ3店舗の運営を行った後、事業売却(M&A)を行い現在の整骨院専門のコンサルタントとして活躍しています。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

開業前の方は都合の良い場所を調整し、面談をする形をとります。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

整骨院店舗を事業売却(M&A)する時にも大切なのはいつも「人」
大半の整骨院の自費移行がうまく行かない理由
あなたは本当に整骨院店舗の経営が好きですか?
整骨院経営の終わり方は3つだけ~次につながる廃業方法
整骨院経営におけるネット戦略の在り方
通常の整骨院経営なのに当月分の保険報酬を当月中にもらう方法

最新記事のチェックにフォローしよう