運営・経営

整骨院経営におけるカリスマ性の創り方

これからの整骨院経営にカリスマ性が必要不可欠

整骨院業界が変革の時代に突入していることは周知の事実です。

大半の整骨院は売上も利益も減少させていますが、中には売上も利益率も上げているような整骨院も存在しています。

皮肉にも整骨院業界は、柔道整復師という資格をそのまま活かすと経営が困難でグレーな部分を進めている整骨院が流行っているという不思議な状況と化しています。

しかし、そんな異常な状態がいつまでも続くはずはないので、柔道整復師という資格の本来の活用方法によって治療院を繁栄させる方法を考えなければなりません。

とはいえ、誰も具体的な解決方法に気づいていないのが、また整骨院業界の現状でもあります。

さらに、患者からは整骨院に対して「保険が使えるマッサージ屋」という認識が定着してしまいました。

当然ながら整骨院は、保険の使えるマッサージ屋ではありません。

それにも関わらず、こんなレッテルを貼られてしまっていることに、この業界の限界を感じてしまいます。

また、私は一人の柔道整復師として屈辱を感じてしてまいます。

では、こんな不安要素ばかりがつまった整骨院業界の中で、これから生き抜いていく上で必要なこととはなんでしょうか。

それは、

施術者(オーナー)のカリスマ性

です。

これからの整骨院経営において繁盛させるためには「カリスマ性」が必要不可欠です。

>次のページ:整骨院経営におけるカリスマ性の創り方

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院の経営に必要なのは「技術」ではなく「集患」
整骨院を事業売却(M&A)した時の雇用問題に関して
本気で整骨院経営を続けたければ足し算と引き算を理解せよ
整骨院経営を買い取ることでビジネス的なメリットを生み出す方法
整骨院経営を開業するための資金について
従業員に辞めずにいてもらうためには むしろ辞めるように後押しすること

最新記事のチェックにフォローしよう