運営・経営

女性柔道整復師は整骨院の経営に向いている

女性柔道整復師が整骨院経営に向いている理由

これからの整骨院経営者は、女性の柔道整復師の割合が増えてくることは確実でしょう。

女性柔道整復師の割合が増えているため必然かもしれません。

10年前に比べれば、柔道整復師の女性割合は2割も増加しています。

これから先も、さらに伸びていくことが予想されます。

さらに女性柔道整復師は、現在の市場性を考えればかなり優位な存在です。

その最大のポイントは

女性にしか分からないことは女性の柔道整復師にしか分からないから

です。

何を当たり前のことを・・・と思われたかもしれませんが、むしろ今までその「当たり前」が存在しなかったのが整骨院業界です。

さらに、専門学校のカリキュラムを3年間終え、その上で国家試験に合格し、医療系の知識の基盤ができていることが大きなポイントにもなります。

流行りの「アロマ」、「リフレクソロジー」、「エステ」といった民間的な資格を、その理論のメリット、デメリットを知識を持って自分の力で判断できるようになります。

医療系の基盤がないままに民間資格を取得すると、その資格の良いところしか学ばない傾向にあります。

そのためリスクやデメリットの判断が曖昧になってしまいますが、柔整師の資格者であれば冷静な判断を下すことができいるでしょう。

さらに患者からすれば、民間資格者と国家資格では与える安心感は雲泥の差です。

女性が整骨院経営に向いている理由は

大きな市場を包みこみながらも整骨院業界の問題点を解決していくアプローチが可能だから

です。

>次のページ:整骨院経営は女性柔道整復師にとって優位な市場

運営・経営の関連記事

Contents Menu

不正をしなければ経営が続けられない整骨院の実情
柔道整復師の大半は技術を無駄使いする
整骨院大乱立時代に柔道整復師がやるべきこと
1店舗当たり月商600万で自費治療が7割の整骨院グループ
整骨院の経営について考えてみる
整骨院経営者が知らない給料の一部を賄える「助成金」があることを知っていますか?

最新記事のチェックにフォローしよう