運営・経営

整骨院を経営している柔道整復師の大半は技術を無駄使いする

整骨院を経営している柔道整復師の大半は技術を無駄使いする

 

突然ですが「柔道整復師」とは何をする仕事なのでしょうか。

当たり前すぎて考えたことがないかもしれませんが、今回の記事を境に一度見つめ直してください。

「骨折」や「脱臼」の患者が来た時にどんな「施術」をするでしょうか。

おそらく

・整復
・固定
・湿布貼り
・軟膏塗布
・拘縮の改善

などがメインになるのではないでしょうか。

では次に「捻挫」、「打撲」、「挫傷」に対しては、どんな施術をすればいいのでしょうか。

症状によって「固定」や「湿布貼り」、「軟膏塗布」・・・そして「自然治癒」を待つという対応になるでしょう。

その他で言えば「温める」、「冷やす」といった「罨法」や「電気治療」を初めとした「物理療法」を行っています。

大半の柔道整復師の方が、上記のような内容で患者に対して施術を行っているのではないでしょうか。

ところで、ここまで読み進めてきて何か気づかないでしょうか。

というか経営している最中に一度は気づいたことがある内容だと思います。

それは、

学校卒業後に最も勉強する時間を費やす「手技療法」が含まれていないこと

です。

これは言い換えれば、どれだけ優秀な技術を勉強した所で大して価値を発揮していないということです。

それにも関わらず、多くの柔道整復師は「手技療法」の「セミナー」や「勉強会」に参加し、大金を支払っています。

しかし、その投資額に見合った収入を得ている人はどれほどいるでしょうか。

大半の方が赤字なのは調べるまでもありません。

整骨院の経営に技術は必要ありません(『整骨院経営に技術は必要ありません。』)。

集客をするために必要なのは技術ではありません。

それにも関わらず、多くの柔道整復師は技術の習得に時間を費やし営業活動を一切しません。

本当に技術で勝負をしたいのであれば、完全自費型の治療院をすべきです。

というか完全自費型の治療院で成り立たないような技術は技術とは呼べません。

仮に保険治療をメインとしている整骨院経営をしている人が技術勉強しているのは自己満足でしかないということを理解しなければなりません。

あなたは何のために技術の勉強をしていますか?

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院を初期費用0円で開業する方法
柔道整復師は治療勉強会に行く暇があるなら集客しよう
整骨院経営は税金のことを熟知しないとできない
整骨院勤務に不満を感じたら開業しよう! ~開業に自己資金は不必要だという事実~
整骨院業界の未来は吉とでるか凶とでるか? ~「第4回柔道整復療養費検討専門委員会」の内容について~
整骨院店舗を事業売却(M&A)することに踏み切れないあなたに

最新記事のチェックにフォローしよう